資源の有効活用

当社グループは、産業廃棄物を3R(リデュース・リユース・リサイクル)により削減し、食品廃棄物のリサイクルを99%以上行うなど、資源の有効利用に努めています。また法を順守した適正な委託処分や行政への報告を行っています。

産業廃棄物の排出

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の実践で排出抑制に努め、廃棄物の排出量を適正に把握しています。また、行政から許可を得た委託事業者に委託するなど廃棄物処理法に従った適正な処分を行っています。2014年度はグループ会社の増加、また、2015年度はバイオマス発電所の新設、2016年度はグループ会社の増加とバイオマス発電所の稼働時間の増加等により廃棄物が増加しています。

食品リサイクル

エア・ウォーターグループでは、農業・食品関連事業の生産工場から排出される食品廃棄物の発生抑制およびリサイクルに取り組んでおり、リサイクル率は98%を超えています。また、食品廃棄物の多量発生事業者は食品リサイクル法に基づき国に報告を行っています。
2017年度はペットボトルコーヒーの増産などにより、食品廃棄物の発生量が増加しています。今後も植物性残渣の肥料化について処理委託先と共同で推進するなどしてリサイクル率の維持・向上に努めていきます。