エア・ウォーターグループの健康経営

健康経営宣言

<エア・ウォーターグループ健康経営宣言>
社員の健康は会社にとって貴重な財産であり、成長戦略の最大のエネルギーです。社員一人ひとりが心身ともに健康で、新たな成長へ向けたチャレンジが続けられるよう、職場環境の改善と組織的な健康活動を積極的に推進し、会社の成長と社員の健康を両立させる健康経営を実践します。

 

2020年4月1日
エア・ウォーターグループ
代表取締役会長 CEO 兼 健康経営最高責任者(CHO)
豊田 喜久夫

推進体制

経営者のリーダーシップのもと、会社と健保組合・協会けんぽの協働(コラボヘルス)による健康経営推進プロジェクトを設け、健診データ分析に基づく保健事業計画(データヘルス計画)を実践します。健康経営最高責任者(CHO)主催の健康経営推進会議を開催し、従業員の健康状態の把握、各種施策の検討、効果の検証等を行っていきます。

推進体制図

具体的な取り組み内容

エア・ウォーターでは、健康経営推進チームとともにグループ各社が一体となって、現状課題の把握と企業特性を踏まえながら、下記の取り組みを推進しています。

  1. 健康保険組合とのコラボヘルス
    健康保険組合との連携を強化し、医療費並びに健診データの分析により当社の健康課題を明確にします。
  2. 定期健康診断の全員受診
    定期健康診断の受診率100%を目指します。
  3. 特定保健指導の受診勧奨
    健診結果に基づく特定保健指導対象が指導を受けられる体制を作り、対象者全員に指導を受けるよう勧めます。
  4. 再検査等の受診勧奨
    健診結果で再検査、精密検査又は治療の指摘があった対象者全員に医療機関を受診するよう勧めます。
  5. 社員の健康維持・増進対策の実施
    ①禁煙対策
    ②生活習慣病対策
    ③食生活改善対策
    ④メンタルヘルス対策
    ⑤運動推進対策 など