エア・ウォーターグループの健康経営

エア・ウォーターグループは、従業員の健康は会社にとって貴重な財産であり、成長戦略の最大のエネルギーである、という考えのもと、職場環境の改善と組織的な健康活動を積極的に推進し、会社の成長と従業員の健康を両立させる健康経営を目指しています。現状課題の把握と企業特性を踏まえながら、人事部内に設置した健康経営推進チームと健康保険組合が中心になって、グループ従業員の健康増進に向けた取り組みを行っています。
 

健康経営宣言

<エア・ウォーターグループ健康経営宣言>
社員の健康は会社にとって貴重な財産であり、成長戦略の最大のエネルギーです。社員一人ひとりが心身ともに健康で、新たな成長へ向けたチャレンジが続けられるよう、職場環境の改善と組織的な健康活動を積極的に推進し、会社の成長と社員の健康を両立させる健康経営を実践します。

推進体制

経営者のリーダーシップのもと、会社と健保組合・協会けんぽの協働(コラボヘルス)による健康経営推進プロジェクトを設け、健診データ分析に基づく保健事業計画(データヘルス計画)を実践します。健康経営最高責任者(CHO)主催の健康経営推進会議を開催し、従業員の健康状態の把握、各種施策の検討、効果の検証等を行っていきます。

推進体制図

具体的な取り組み内容

エア・ウォーターでは、健康経営推進チームとともにグループ各社が一体となって、現状課題の把握と企業特性を踏まえながら、下記の取り組みを推進しています。

  1. 健康保険組合とのコラボヘルス
    健康保険組合との連携を強化し、医療費並びに健診データの分析により当社の健康課題を明確にします。
  2. 定期健康診断の全員受診
    定期健康診断の受診率100%を目指します。
  3. 特定保健指導の受診勧奨
    健診結果に基づく特定保健指導対象が指導を受けられる体制を作り、対象者全員に指導を受けるよう勧めます。
  4. 再検査等の受診勧奨
    健診結果で再検査、精密検査又は治療の指摘があった対象者全員に医療機関を受診するよう勧めます。
  5. 社員の健康維持・増進対策の実施
    ①禁煙対策
    ②生活習慣病対策
    ③食生活改善対策
    ④メンタルヘルス対策
    ⑤運動推進対策 など

メンタルヘルスケアの取り組み

エア・ウォーターでは、従業員のメンタルヘルスケアに対する総合的な取り組みの中にストレスチェック制度を位置づけ、一連の取り組みを計画的かつ継続的に進めています。ストレスチェック制度は、従業員が自身のストレス状態を把握してセルフケアに活かすことと、会社が職場環境の状態を把握して働きやすい職場づくりにつなげることでメンタルヘルス不調を未然に防ぐことを目的としています。
2020年度は1,299名がストレスチェックを受け、そのうち高ストレスであると判断されたのは134名(10.3%)でした。ストレスチェックの結果は外部専門機関から直接本人に通知しており、従業員は会社を介さず外部相談窓口での相談を受けることができます。また、会社に申し出た従業員に対しては、産業医等による面接指導を実施し、メンタルへルス不調の早期発見・早期対応につなげるよう努めています。