エア・ウォーターグループのSDGsの取り組み

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択され「地球上の誰一人として取り残さない(Leave no one behind)」を共通理念とした、2030年までの持続可能な開発目標です。SDGsは、気候変動による地球規模の環境問題、人口増加、貧困、格差などの社会問題を解決し持続可能な社会の実現を目指しています。
エア・ウォーターグループは、経営理念のもと、これまでも人と環境にやさしいものづくりを通して、社会に貢献し、地球環境の保全を図り、空気や水などの資源を無駄なく使用、循環させる地球資源循環カンパニーを掲げ、次の世代に住み良い地球と社会の実現を目指してきました。
2050年にエア・ウォーターグループの目指す姿サステナブルビジョンでは「地球、社会との共生により循環型社会を実現する」ことを掲げています。2030年をマイルストーンと位置づけ、「地球の恵みを、社会の望みに。」をSDGsコミュニケーションコンセプトとして、事業活動を通じて循環型社会を実現し、環境負荷をゼロ、さらに地球環境を再生、地域社会、顧客から選ばれ続け、働く人々のWell-beingを実現するなど、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みを進めています。

SDGs推進体制

当社は、SDGsへの取り組みを推進するために、2020年4月に代表取締役会長・CEOを委員長とする「SDGs推進委員会」を設置しています。さらに、2020年4月に専任担当の専務執行役員を責任者とする「SDGs推進室」を設置し、グループ横断的にSDGsの活動を推進する体制を整備しました。
SDGs推進委員会は、SDGsの取り組みの方向性や取り組みの審議、評価を行う「拡大委員会議」、カンパニー・事業会社での事業の課題解決の取り組みを推進する「事業推進担当者会議」、全社的な取り組み課題を担当する「本社推進プロジェクト会議」の3つのプロジェクト推進体制としています。
「SDGs推進室」は、エア・ウォーターグループSDGs活動推進のための諸施策を立案・実施しているほか、当社グループ内でのSDGsの浸透を図るとともに、情報共有と進捗の確認を行っています。

SDGs取り組み

エア・ウォーターグループの事業領域は、多岐に渡るため、それぞれの事業の特徴、特性を理解したSDGsへのアプローチの仕方を検証しました。
SDGs推進委員会において、SDGsと事業の関連性の特定にあたっては、製造・販売が一体となった事業活動が、バリューチェーン全体でSDGsに対してどのような影響を与えるか、また、どのような貢献ができるかについて、分析を行っています。
具体的には、SDGsの17の目標および169のターゲットと事業活動を照らし合わせてマッピングし、事業活動全体でプラス貢献の強化やマイナス影響の最小化に貢献できる目標を特定しました。プラス貢献とマイナス影響を考慮した事業活動を展開することにより、持続可能な社会の実現により一層貢献していくことを目指します。
エア・ウォーターグループの事業領域において、環境価値への貢献として、SDGs目標6、7、12、13、15、社会価値への貢献としてSDGs目標2、3、8、9、11の達成に寄与する製品・サービスの創出、提供によってSDGsの目標達成に貢献しています。

環境価値への貢献

社会価値への貢献