従業員に対する基本姿勢

エア・ウォーターグループは、世界18ヵ国に67のグループ会社、2万人を超える従業員を擁しています。すべての従業員は、性別や年齢、人種、国籍などに関わらず基本的人権が尊重され「個」として活躍できることを約束されています。そのためにグループ全体でダイバーシティ(多様性)を重んじるとともに、多様な個性を生かす人材育成に取り組んでいます。

人事基本方針

〈個の尊重〉
社員一人ひとりの意思を尊重するため、社員自らが選択できる制度を目指す。

〈能力・成果主義〉
年齢や学歴にとらわれず、成果や能力を適正に評価し、やれば報われる処遇をおこなう。

〈人材の育成〉
社員一人ひとりの成長意欲を育成型人事システムにより促進し、さらなる能力向上と成果の創出によりキャリアビジョン実現を支援する。

人材活用

女性活躍推進

中期経営計画「NEXT-2020 Final」において女性管理職の割合を2018年度の1.5%から2021年度までに10%にすることを目標に掲げ、意欲ある女性の登用を推進しています。
また、エア・ウォーターグループで働く女性たちがいきいきと仕事のできる会社作り・職場作りを目指し、2016年に「女性活躍推進プロジェクト」を発足させ、女性が活躍できる機会の拡大、そのために必要な環境整備を進めています。

グローバル人材活用

エア・ウォーターグループのグローバル展開を支える新卒やキャリア人材の獲得を目的として、2019年度から「グローバルチャレンジリクルート」を開始しました。語学能力、対人能力、基礎能力に優れた人材を特別選考するとともに、就業条件などを厚遇し、将来のエア・ウォーターグループの海外成長をけん引するリーダー候補の獲得を図っています。 
また、若手から中堅層を対象に選抜語学研修、新入社員に2年間の語学教育を実施しています。今後は、グループ24社を対象に実施した人材調査により、駐在員候補者、国内のグローバル事業従事者、さらには将来の幹部候補者を把握。語学だけでなくマインドセット、ロジカルコミュニケーション、マネジメント、リーダーシップといったグローバルで活躍するために必要なスキルを学ぶ研修を通して、今後のグローバル展開を推進する人材の育成強化を図っていきます。

管理職早期登用

若手人材の管理職への早期登用を目的として人事制度を改定し、管理職への昇格可能年齢を33歳に引き下げました。今後昇格年齢をさらに引き下げていく計画です。

人材育成

エア・ウォーターでは、「従業員一人ひとりが能力を遺憾なく発揮し、いきいきと活躍するエア・ウォーター」の実現を目指し、人材育成を行っています。「若手の教育」と「女性活躍推進」を重点取り組み課題として進めると共に、多様な人材を活かし、組織におけるダイバーシティの充実を図るべく、教育と育成に重点を置いた各種人事施策を更に推進していきます。

能力開発制度

エア・ウォーターでは、従業員それぞれの能力の発展段階に応じた階層別研修と、事業や各部門の特性に応じた専門性やスキルを身につけるための各種研修制度を整備しています。現職に加え、将来的に必要となる能力開発、スキル習得を支援し、自立的なキャリア形成を促しています。

①教育研修制度

〈階層別研修〉

各階層において、期待される役割責任を担う上での物の考え方や適切なマインドの持ち方を学ぶとともに、自己分析やワークを通じて得た気づきを業務に生かすことを目的としています。2019年度からは「ポスト任用者研修」を新設し、管理職手前の役職任用者を対象にマネジメントの基本を学ぶことで、若手社員の早期登用実現につなげています。

〈語学研修〉

グローバル人材としての素地を形成するための新入社員・若手社員向け語学研修や、海外赴任など業務での活用を見越した中堅社員向け選抜語学研修を行っています。語学習得にとどまらず、プレゼンテーションやミーティング、ディベート等、実践的な内容を学びます。更なるグローバル展開に備えて、今後もグローバル人材の育成プランを幅広く充実させていきます。

〈製造部門強化研修〉

製造部門に所属している社員に限定した「現場監督者研修」をグループ合同で実施しています。実際に職場で発生している課題を抽出し、講師の指導を受けながら改善に取り組むことで、課題発見能力、課題解決能力、リーダーシップ等の向上につなげています。

〈エア・ウォーターグループアカデミー〉

2020年度から新たな若手育成施策である「エア・ウォーターグループアカデミー」を開始しました。入社後2年間を鍛錬期間とし、定期研修や資格取得支援を行っています。企業理解、仕事理解と自立的なキャリア形成を促し、中長期的な視点でエア・ウォーターグループの将来の経営人材を育成していきます。

②キャリア申告制度(自己申告制度)

自身の実現したいキャリアや目指したい姿について申告する制度を設けています。現職務について自己分析した上で、次のステップで担いたい役割について事業、部門を越えて自らの希望を申告することができます。

採用

異なる発想や能力を備えた多様な人材を獲得するため、積極的にキャリア人材の獲得を行っているほか、エア・ウォーターの新卒採用においても、積極的な女性の採用を行っています。

採用者全体に占める中途採用者の比率

新卒採用に占める女性の比率

採用者数に占める女性の比率