従業員に対する基本姿勢

当社グループは、様々な事業を展開する多彩なグループ会社で構成されています。多様な人材の人権を守り、人格や個性を尊重し、安全と健康を確保して、それぞれがいきいきと働ける職場になるように努めています。

人事基本方針

〈個の尊重〉

社員一人ひとりの意思を尊重するため、社員自らが選択できる制度を目指す。

〈能力・成果主義〉

年齢や学歴にとらわれず、成果や能力を適正に評価し、やれば報われる処遇をおこなう。

〈人材の育成〉

社員一人ひとりの成長意欲を育成型人事システムにより促進し、さらなる能力向上と成果の創出によりキャリアビジョン実現を支援する。

人材育成

エア・ウォーターでは、「従業員一人ひとりが能力を遺憾なく発揮し、いきいきと活躍するエア・ウォーター」の実現を目指し、人材育成を行っています。「若手の教育」と「女性活躍推進」を重点取り組み課題として進めると共に、2018年は、多様な人材を活かし、組織におけるダイバーシティの充実を図るべく、教育と育成に重点を置いた各種人事施策を更に推進していきます。

能力開発制度

エア・ウォーターでは以下の各種教育研修制度を通じて、現職に加え、将来的に必要となる能力開発、スキル習得を支援し、自立的なキャリア形成を促しています。

①教育研修制度

〈階層別研修〉

各階層において、期待される役割責任を担う上での物の考え方や適切なマインドの持ち方を学ぶとともに、自己分析やワークを通じて得た気づきを業務に生かすことを目的としています。2019年度からは「ポスト任用者研修」を新設し、管理職手前の役職任用者を対象にマネジメントの基本を学ぶことで、若手社員の早期登用実現につなげています。

〈語学研修〉

グローバル人材としての素地を形成するための新入社員・若手社員向け語学研修や、海外赴任など業務での活用を見越した中堅社員向け選抜語学研修を行っています。語学習得にとどまらず、プレゼンテーションやミーティング、ディベート等、実践的な内容を学びます。更なるグローバル展開に備えて、今後もグローバル人材の育成プランを幅広く充実させていきます。

〈製造部門強化研修〉

製造部門に所属している社員に限定した「現場監督者研修」をグループ合同で実施しています。実際に職場で発生している課題を抽出し、講師の指導を受けながら改善に取り組むことで、課題発見能力、課題解決能力、リーダーシップ等の向上につなげています。

②キャリア申告制度(自己申告制度)

自身の実現したいキャリアや目指したい姿について申告する制度を設けています。現職務について自己分析した上で、次のステップで担いたい役割について事業、部門を越えて自らの希望を申告することができます。

労働組合との関わり

エア・ウォーターは「労使の関係は車の両輪である」と考えています。お互いの立場を尊重し、一定の距離を保ちながら、双方向で意見を率直に交わすことで、常により良い方向に向かって行く強固な協力関係を築くよう努めています。