女性が活躍する職場づくり

当社グループが多角的な事業展開を推進し、飛躍的な成長を遂げられたのは、「人材の多様性」があったからだと言っても過言ではありません。今後も「産業や人の暮らしになくてはならない会社」として存在し、成長し続けていくために、ダイバーシティをさらに強化すべく、女性が活躍する職場づくりを推進していきます。

取り組み方針

企業活動に貢献できる女性を採用・育成することにより、女性の活躍を推進するとともに、人材層の多様化による組織力向上を図ります。

1.計画期間

第1期 平成28年4月1日~平成33年(令和3年)3月31日(5年間)

2.当社の課題

  1. 女性の新卒応募者が少なく、採用者の男女比に差がある
  2. 女性社員の継続就業を支援する制度や環境整備が必要
  3. 女性管理職比率が低い

3.行動計画

目標(1)新卒入社者における女性比率を順次高め、5年後に25%到達を目指す

取組内容と実施時期

平成28年度

  • 女性社員を採用担当に任命し、当該社員による会社説明会開催
  • インターンシップにおける女性参加者の積極動員
  • 少人数での女性限定就職相談会を定期開催
  • 女性社員の活躍状況を当社HPや就職ナビ等にて掲載
  • 活躍している女性社員を採用パンフレット等で紹介
  • 応募者と若手女性社員との交流機会の増加(風土理解)

平成29年度

  • 前年度の結果を踏まえ、上記施策の見直しを実施

平成30年度以降

  • 前年度までの結果を検証し、各種施策の充実化実施

目標(2)継続就業に向けた職場風土づくりと各種支援施策の着実な実施、充実強化
(女性社員のライフイベントを事由とした離職の抑制)

取組内容と実施時期

平成28年度

  • 労使による女性活躍推進委員会(仮称)の設置
  • 女性社員を対象とした「女性キャリアセミナー」の実施
  • 育児休業後フォローアップ支援(面談および業務支援)
  • 下記施策導入に向けた社内協議
    ・転勤一時見合せ措置・配偶者転勤時帯同転勤/同行休職制度
    ・退職者の再雇用登録制度 ・男性育休取得支援 等

平成29年度

  • 新制度運用開始および上記施策の継続実施

平成30年度以降

  • 前年度までの結果を検証し、各種施策の充実化実施

目標(3)女性管理職候補としての指導監督者層(主事)における女性比率を高める
(平成27年度4.7%→平成32年度8%)

取組内容と実施時期

平成28年度

  • 女性社員を対象とした「女性キャリアセミナー」の実施
  • 所属部署の上司とのキャリア面談の実施
  • 女性早期育成のためのキャリア開発(配属先拡大と定期異動)
  • 女性キャリア採用の強化
  • 上記(2)継続就業支援の実施による離職の抑制

平成29年度

  • 前年度の結果を踏まえ、上記施策の見直しを実施

平成30年度以降

  • 前年度までの結果を検証し、各種施策の充実化実施

4.第2期

第1期の最終年(5年目)に、5年間の取り組み実績と効果を検証した上で、第2期(次の5年間)の行動計画を策定する。

情報公表項目

1.採用

大卒新卒採用者 女性比率 2020年度 47.8%(女性11名、全体23名)

2.平均勤続年数

2019年度 女性10.7年 男性16.0年

3.指導監督者層の女性比率

管理職の女性比率 3.8%(女性16名、全体416名)
主事層の女性比率 16.3%(女性41名、全体252名)

女性活躍推進プロジェクトの実施

エア・ウォー夕ーグループで働く女性たちがいきいきと仕事のできる会社作り、職場作りを目指し、2016年に「女性活躍推進プロジェク卜」が発足し、女性が活躍できる機会の拡大、そのために必要な環境整備を進めています。2020年に発足5年目を迎えた本プロジェクトでは、「職場風土の改善」、「継続就業支援』、「キヤリア支援、採用・育成の推進」を主要なテーマに設定し、さまざまな取り組みを推進してきました。
その結果、566名を対象にしたアンケー卜では、「女性活躍推進プロジェクト発足前(2015年度以前)に比べて働きやすさは改善されたと感じるか」について、約6割が改善されたと回答しました。

主要な取り組み施策

①職場風土の改善

管理職向けに女性活躍推進の意義、女性従業員育成のポイン卜などを啓蒙するセミナーを定期的に開催。また、「育成ファース卜」の風土を根付かせるために、管理職研修において、上司や同僚、部下からのフィードバックと、研修での自身の内省を通じてリーダーとしてありたい姿を描く 「360度評価制度」を導入しました。

②継続就業支援

従業員の継続就業を支援するため、新たにフレックスタイム制度、配偶者転勤時の休職を認める配偶者休職制度、ジョブリターン制度、育児短時間勤務制度の期間延長など、本プロジェク卜発足後、制度の新設・拡大を図りました。また、男性従業員の育休取得も奨励しており、通常の育児休業に加えて、年休特別休暇を育児休暇に充てられる独自の育児休暇制度を設けています。

③キャリア支援、採用・育成の推進

従業員のキャリア選択の拡大に向けて、コース選択規則や契約社員の正社員登用基準を改定しました。また、女性社員向けにキャリアセミナーを開催するなどのキャリア支援の取り組みを継続しています。

女性管理職比率の向上に向けて

エア・ウォーターグループは、女性管理職比率の向上に向けて、「採用」、「継続就業」、「育成」、「登用」「多様性の実現」の5つのステップを設定しています。これまで2016年度に17.1%だった採用における女性社員比率は、2020年度には35%まで上昇、さらに継続就業支援に関する各種制度を導入しました。現在は次のステップとして「育成」にフォーカスし、女性リーダー育成プログラムに取り組んでいます。

女性リーダー育成プログラム

  • キャリアビジョン面談

 本人の成長目標や、周囲からの期待を踏まえたキャリアビジヨンを上司と共有

  • メン夕ー制度

 役員・管理職クラスの別部門の上長がメン夕一となり、定期的に面談を実施

  • 社外交流、外部セミナーへの参加

くるみんマーク

エア・ウォーターは、2017年4月〜2020年3月の行動計画に基づいたワーク・ライフ・バランス推進に資する諸取り組み(フレックスタイム制度の導入や男性の育児休暇の取得推進など)が評価され、2020年7月に子育てサポート企業として「くるみん認定」を取得しました。