環境管理体制

エア・ウォーターグループは代表取締役会長・CEOを最高責任者とする環境管理体制を構築し、環境を管理する組織として「SDGs事業推進室」と「CSR推進室コンプライアンスグループ」を設置しています。「SDGs事業推進室」と「CSR推進室コンプライアンスグループ」は、エア・ウォーターグループの環境基本方針のもと、それぞれの役割に応じた環境管理活動を推進しています。
「SDGs事業推進室」は、エア・ウォーターグループのSDGs活動の推進のための諸施策を立案・実施しているほか、グループ内でのSDGsへの取り組みの浸透を図るとともに、気候変動を中心とした環境の取り組みや脱炭素事業の創出も行っています。
環境に係る基本方針や重要事項は、経営執行における意思決定機関である最高経営委員会で審議・決定するとともに、取締役会へ適宜報告することにより取締役会の監督が適切に図られるよう体制を整えています。

「CSR推進室コンプライアンスグループ」は環境監査による環境法の順守指導ならびにコンプライアンス教育によりエア・ウォーターグループの環境リスクの管理を行っています。

 

環境リスク管理

エア・ウォーターの事業本部、工場とグループ会社は環境推進責任者を選任し、環境法令の順守や温室効果ガス排出量の削減、水資源の有効利用など環境負荷の低減に取り組み、環境に関するリスクの低減を行っています。グループの中でエネルギー使用量の多い会社・工場においては、法に基づく管理者を選任し、エネルギー使用に関する管理を徹底しています。

その中でエア・ウォーターのCSR推進室コンプライアンスグループは、各工場やグループ会社の環境推進責任者を通じて環境法規制の順守指導、環境負荷低減活動の推進を行っています。また、環境に関するリスクの高い工場を中心として定期的に環境監査を行い、適切な管理がなされているかを確認しています。また、研修会を実施し、環境リスク低減を担う人材を育成しています。
エア・ウォーターグループは、ISO14001、エコアクション21、またはグリーン経営認証といった環境マネジメントシステムの認証を30社で取得しており、外部の審査機関による審査を受けることで環境管理活動の有効性をより確実なものとするよう努めています。

環境に関連する情報の共有

各事業所やグループ会社に環境法規制の改正情報や他社の環境への取り組み事例などの情報を「環境情報」として発行しています。グループ内で情報を共有化することにより、環境リスクの低減につなげています。

環境監査

環境保全活動や環境法規制の順守指導のためにグループ内各工場の環境監査を実施しています。各工場の環境負荷の程度、ISO14001の取得状況、過去の環境監査結果などを踏まえた上で計画的に監査を行っています。

研修会

エア・ウォーターは、環境リスクを低減するための研修会を開催しています。環境コンプライアンス順守の維持向上を担う人材を育成するため、エア・ウォーターグループの担当者向けに法令順守についての取り組みを共有するとともに、環境法令対応の重要性や温暖化対策など法改正情報を中心とした研修をしています。