安全・安心な職場環境づくり(従業員に対する責任)

安全・安心な職場環境づくり

安全衛生基本方針

  1. 労働災害ゼロをめざして、総合的かつ計画的な安全対策を推進します。
  2. 従業員の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進します。
  3. 関係法令・作業手順を順守し、労働安全、交通安全、労働衛生および保安防災の責任体制の明確な職場をつくります。

以上の基本方針の下で、安全衛生教育を通じて、「安全衛生第一」とする従業員一人ひとり意識の向上と、会社としての風土作りを推進します。

安全衛生体制

エア・ウォーターでは、職場の安全衛生を確保するため、安全衛生統括本部長の下で中央安全衛生委員会を定期的に開催しています。安全衛生統括本部長は管理管掌役員を選任し、全社の安全衛生の統括をして、労働災害防止に関する経営責任を負っています。安全衛生統括副本部長はコンプライアンスセンター長を選任し、安全衛生統括本部長の補佐をしています。
このほか安全担当委員、衛生担当委員、各安全衛生部長を中央安全衛生委員会のメンバーとして選任し、また労働組合の代表者が参加することで従業員の意見を反映しています。中央安全衛生委員会で討議された内容は、社内ネットワークを通じて社内に公開して情報の共有化を図っています。

労働災害低減

労働災害低減目標

エア・ウォーターは安全の確保は企業活動の大前提であり、従業員の安全・安心を無くしては企業の存続と発展はないと考えています。そのため、労働災害の発生を低減するため、「休業災害度数率0.90以下」を2021年度までの目標として定めました。この目標は厚生労働省の労働災害統計を基に当社グループの業種と人数構成を考慮して定めたものです。

労働災害低減への取り組み

当社グループは2018年度に労働災害重点取組として『転倒災害未然防止』を推進しました。また、労働災害を低減するため、以下の取り組みを行いました。

1.各種研修

  • 保安技術スタッフ研修会、安全スタッフ研修会
  • 事故の多い事業所向けの安全スタッフ研修会
  • リスクアセスメント研修
  • 新入社員への安全体感研修

2.交通事故災害の低減

  • 車両/安全運転に関連する規則類の制定と改訂
  • 交通事故リスクが高い会社向けの交通安全コンサルと管理者向けセミナー

3.類似事故の防止

  • 「安全情報」の配信による労働災害情報の水平展開

4.安全に関する監査

  • 保安監査/安全監査
  • 事故発生事業所への特別安全監査
  • 外部専門家による製造現場の特別安全診断

労働災害統計

エア・ウォーターグループの2018年度の休業災害は83件で前年(84件)と同一水準で推移しています。休業災害の度数率※は1.72で前年(1.88)より若干低下しています。

※100万延労働時間当りの労働災害による死傷者をもって災害の頻度を表わした指標
(度数率=労働災害による死傷者数/延労働時間数 × 1,000,000)

<2018年度の労災原因分析と2019年度の重点対策>

エア・ウォーターにおける2018年度の休業労災の事故原因では「墜落・転落」が約21%と最も多く発生しています。これは運送事業における転落事故が増加したためです。2019年度は墜落・転落の可能性がある作業および作業場所等の洗い出し、リスクアセスメントによるリスク低減対策の実施等を推進しています。

休業災害の度数率

休業災害の事故原因

安全な職場環境の構築に向けて

安全に関する研修

エア・ウォーターでは、安全に関する様々な研修を行っております。毎年、グループの安全衛生スタッフが参加する「安全スタッフ研修会」、高圧ガスに携わるスタッフを対象とした「高圧ガス保安技術スタッフ研修会」を実施しています。また、2018年度は「ヒューマンエラー防止研修会」「化学物質リスクアセスメント研修会」「機械・作業のリスクアセスメント研修会」、「転倒災害防止研修会」などを開催し、労働災害の低減のために取り組んでいます。

安全スローガン

エア・ウォーターは、毎年7月の「全国安全週間」にあたり、安全意識の高揚を図るため、グループ会社も含めた全従業員へ「安全スローガン」を募集しています。従業員にとっては、職場や家庭で安全について考える良い機会となっており、2018年度は、7,556件の応募がありました。優秀作品は表彰すると共に、安全ポスターに掲載して各職場に掲示しています。併せて、作品の提出率が高い会社や多くの作品を提出した会社をグループ安全衛生活動優良会社として表彰することで、会社単位での積極的な取り組みを推奨しています。
安全スローガンポスター(2018年度)

安全情報の共有

エア・ウォーターでは、グループ内で発生した事故や各職場の労働安全衛生活動を促す情報などを「安全情報」として、社内ネットワークで配信しています。特に重大・重篤な事故につながりかねない休業災害が発生した場合は、速やかにリスク分析を行って事故発生の直接原因や再発防止対策を明文化し、これらの情報をグループ内へ提供しています。
情報を共有し職場へ浸透させることで、職場環境への意識向上や職場改善への水平展開を行い、類似災害の防止につなげています。2018年度は51件発行しました。

<労働組合の安全衛生への関わり>

エア・ウォーター労働組合は中央安全衛生委員会に参加するほか、毎年グループ安全衛生交流会を実施し、グループの安全衛生意識の向上を図っています。2019年度は5月にグループ会社の㈱日本海水 熊本工場にて開催しました。
その他の取組みとして、労働組合による安全衛生委員会の実施状況・内容の確認と会社への改善申し入れ、労使で協働した適正な労働時間管理の取組みを実施し、従業員を主体とした安全衛生の改善が行われています。