次世代育成支援への取り組み

エア・ウォーターは、従業員が子育てと仕事とを両立させ、その能力を十分に発揮できるよう、法定の基準を超えて、それぞれのライフステージに応じた多様な選択肢を制度化し、従業員が働きながら自律的に人生設計、世帯形成、生活設計を行うことができるよう雇用環境の充実を図っています。ワークライフバランスの実現や継続就業の支援のための制度の充実、及び制度を利用しやすい環境づくりを更に進めています。

<次世代育成支援対策行動計画>

1.計画期間

平成29年4月1日 ~ 平成32年3月31日

2.課題と対策

課題1:
育児や介護等のため就業時間に制約がある場合に、1日の就業時間をフレキシブルに設定することを可能にすることで、育児や介護等と仕事とが両立しやすい環境を整備する。

対策

  • 1)フレックスタイム制度の導入
  • 2)育児短時間勤務制度の適用期間の拡大
  • 3)「職場における妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント防止ガイドライン」制度の利用や請求をしやすい企業風土、従業員が互いに尊重し合える、快適で働きやすい職場環境づくり
課題2:
男性の育児休業等の取得状況の改善

対策

  • 1)男性の育児休業等の取得奨励
    子が1歳到達までの間に、連続5日間の育児休暇取得を可能とする。
課題3:
育児休業中も会社とつながりをもち、安心して復帰できるサポート体制

対策 育児休職者に対する休職中のフォローの充実

  • 1)会社情報発信
  • 2)自己啓発支援
  • 3)復職前面談の実施
課題4:
ライフイベントでやむなく就業ができなくなる従業員への対応(継続雇用、再雇用)

対策

  • 1)配偶者転勤同行時の取扱い
  • 2)退職後の再雇用(ジョブ・リターン)制度