安定的な利益還元の追求と信頼関係の構築
(株主・投資家に対する責任)

株主・投資家に対する基本姿勢

株主・投資家の皆様にエア・ウォーターグループの事業および経営戦略への理解を深めていただけるよう積極的なコミュニケーションを推進すると共に、業績に見合った安定的な利益還元を行い、長期的、安定的な信頼関係の構築に努めています。

株主・投資家とのコミュニケーション

株主・投資家の皆様と長期的、安定的な信頼関係を築き、独自の戦略やビジネスモデルを正しくご理解いただくため、ウェブサイトや刊行物などによる企業情報の発行、株主総会や国内外でのIR活動などを通じて、適時・適切な情報開示と積極的なコミュニケーションを図っています。
株主の皆様には、「招集通知」のWEBでの早期開示・発送を行っています。また、毎年2回発行している株主報告書では、事業内容および業績をわかりやすく説明するよう努めています。機関投資家やアナリスト向けには、四半期ごとの決算電話会議、個別ミーティング、社長と各事業部門の責任者が出席する決算説明会の開催を実施しています。また、海外機関投資家向けのカンファレンスも社長が出席し、海外投資家と直接対話を行っています。今後も、株主・投資家・アナリストの皆様と、長期的、安定的な信頼関係を維持・発展させるため、積極的なコミュニケーション活動に努めていきます。

ディスクロージャーポリシー

株主、投資家の皆様に対し透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報開示に努めます。情報の開示にあたっては、東京証券取引所「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」という。)に準拠し、情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、適時かつ積極的な情報開示に努めます。

情報開示の方法とフェアディスクロージャーへの取り組み

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開します。公開情報については、原則として速やかに当社IRサイト上に掲載します。また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨に沿って、当社IRサイトに公開することにより正確かつ公平に情報が投資家の皆様に伝達されるよう努めています。

利益配分に関する基本方針

エア・ウォーターは継続的な企業価値の向上を図るべく経営基盤の強化を進めていくと同時に、株主の皆様への利益還元を経営の最重要課題の一つとして位置付けています。
このため、剰余金の配当については、中長期的な成長のための戦略的投資等に必要な内部留保の充実に留意しつつ、連結当期純利益の30%を配当性向の目標として、将来にわたって業績に見合った安定的な配当を行うことを基本方針としています。