連結財政状態計算書

IFRS

(単位:百万円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2018年度 2019年度
<資産>
流動資産
現金及び現金同等物 32,108 41,861
営業債権及びその他の債権 184,887 187,402
棚卸資産 55,325 64,415
その他の金融資産 6,553 5,794
未収法人所得税 2,495 2,990
その他の流動資産 18,598 30,813
小計 299,969 333,277
売却目的で保有する資産 14,002
流動資産合計 313,971 333,277
非流動資産
有形固定資産 332,093 380,284
のれん 22,775 64,005
無形資産 14,629 19,352
持分法で会計処理されている投資 26,953 28,503
退職給付に係る資産 4,336 3,088
その他の金融資産 62,337 62,365
繰延税金資産 7,489 7,328
その他の非流動資産 1,356 1,494
非流動資産合計 471,972 566,422
資産合計 785,944 899,699
<負債及び資本>
◇ 負債
流動負債
営業債務及びその他の債務 156,357 137,945
社債及び借入金 75,162 105,386
その他の金融負債 5,108 5,426
未払法人所得税 7,266 8,510
引当金 933 1,211
その他の流動負債 23,530 25,020
流動負債合計 268,358 283,500
非流動負債
社債及び借入金 168,803 195,648
その他の金融負債 30,449 38,586
退職給付に係る負債 9,249 9,918
引当金 972 2,354
繰延税金負債 4,745 9,252
その他の非流動負債 8,354 8,623
非流動負債合計 222,575 264,383
負債合計 490,934 547,884
◇ 資本
資本金 32,263 55,855
資本剰余金 36,675 51,077
自己株式 △ 3,463 △ 2,556
利益剰余金 208,183 228,854
その他の資本の構成要素 4,395 △ 1,237
親会社の所有者に帰属する持分合計 278,053 331,992
非支配持分 16,956 19,822
資本合計 295,009 351,815
 
負債及び資本合計 785,944 899,699

日本基準

(単位:百万円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
<資産の部>
流動資産 242,143 256,484 282,991 305,323
固定資産 333,689 372,631 410,109 477,723
有形固定資産 229,764 238,751 274,277 329,590
無形固定資産 21,872 29,704 31,594 39,334
投資その他の資産 82,052 104,175 104,236 108,798
資産合計 575,832 629,115 693,101 783,047
<負債の部>
流動負債 186,976 202,455 223,205 262,516
固定負債 132,676 145,909 175,251 211,832
負債合計 319,652 348,365 398,456 474,348
<純資産の部>
株主資本 237,854 253,345 274,805 293,466
資本金 32,263 32,263 32,263 32,263
資本剰余金 33,910 33,705 37,060 36,651
利益剰余金 174,391 192,021 209,570 228,015
自己株式 △ 2,711 △ 4,645 △ 4,089 △ 3,463
その他の包括利益累計額 △ 3,129 2,638 3,148 △ 2,255
その他有価証券評価差額金 5,011 9,352 10,558 6,831
繰延ヘッジ損益 △ 290 △ 72 △ 545 368
土地再評価差額金 △ 8,503 △ 8,503 △ 8,503 △ 8,503
為替換算調整勘定 632 403 442 201
退職給付に係る調整累計額 21 1,459 1,196 △ 1,153
新株予約権 422 381 379 423
非支配株主持分 21,031 24,385 16,311 17,063
純資産合計 256,179 280,750 294,644 308,698
 
負債・純資産合計 575,832 629,115 693,101 783,047

※『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」を2018年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しました。
この結果、2017年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が4,428百万円減少し、「固定資産」の「繰延税金資産」が2,615百万円増加しております。また、「固定負債」の「繰延税金負債」が1,812百万円減少しております。
なお、同一の納税主体で繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて2017年度の総資産が1,812百万円減少しています。