直近の業績

業績概要

(単位:億円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2019年度
通期
2020年度
1Q
2020年度
2Q(累計)
2020年度
3Q(累計)
2020年度
通期
売上収益 8,091 1,803 3,744 - -
営業利益 506 87 196 - -
税引前利益 498 85 188 - -
親会社の所有者に帰属する当期利益 304 45 107 - -

セグメント別売上高・営業利益

(単位:億円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2019年度
通期
2020年度
1Q
2020年度
2Q(累計)
2020年度
3Q(累計)
2020年度
通期
産業ガス関連 売上収益 1,890 406 855 - -
営業利益 192 39 80 - -
ケミカル関連 売上収益 275 70 147 - -
営業利益 13 3 6 - -
医療関連 売上収益 1,879 406 856 - -
営業利益 105 6 31 - -
エネルギー関連 売上収益 520 110 208 - -
営業利益 43 8 11 - -
農業・食品関連 売上収益 1,373 316 668 - -
営業利益 33 3 18 - -
物流関連 売上収益 504 130 263 - -
営業利益 24 7 14 - -
海水関連 売上収益 400 84 176 - -
営業利益 29 2 8 - -
その他 売上収益 1,251 281 571 - -
営業利益 73 7 18 - -
(調整額) 営業利益 ▲ 6 12 11 - -
合計 売上収益 8,091 1,803 3,744 - -
営業利益 506 87 196 - -
  • ※調整額は、セグメント間取引消去及び各報告セグメントに配分していない当社本社部門の損益です

直近の業績について

第2四半期連結累計期間における当社グループの売上収益は3,744億2千3百万円(前年同期比97.2%)、営業利益は195億6千1百万円(同88.4%)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は107億1千万(同87.8%)となりました。

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス(以下、新型コロナという。)の感染拡大により企業活動や個人消費が大きく落ち込みましたが、緊急事態宣言の解除後は段階的に経済活動が再開され、緩やかながらも回復基調に転じました。しかしながら、米中対立の激化や感染の再拡大による新型コロナ影響の長期化など、景気の下振れリスクは依然として大きく、先行き不透明な経営環境が続いております。
このような経営環境の中、当社グループは、感染拡大防止策を徹底したうえで、産業や暮らしのライフラインとして、産業ガスや医療用ガスをはじめとした諸製品の安定供給体制を継続しました。また、テレワークや次世代通信規格(5G)の進展などを受けて需要が拡大するエレトクロニクス関連向けのガス・機器・材料、医療現場をサポートする感染管理製品、巣ごもり需要に対応した家庭用調理商材など、コロナショックを契機とする「新常態(ニューノーマル)」により生まれた新たなニーズを今後の成長機会とすべく、積極的な市場開拓を進めました。さらに、全社を挙げてデジタル化を基軸とした働き方改革を推進し、業務運営の効率化とコスト低減に取り組みました。
当社グループの業績といたしましては、鉄鋼や自動車など幅広い業種で生産活動が停滞した産業ガス関連事業、病院設備工事案件の遅延や延期が発生した医療関連事業、海外での感染拡大防止策により活動制限を受けた海外エンジニアリング事業などで新型コロナによる影響を受けました。その一方で、事業構造改革が進展したケミカル関連事業に加え、エネルギー関連事業や物流関連事業でも増益を確保するなど、当社グループの最大の強みである産業系と生活系事業の最適バランスによる事業ポートフォリオの安定性が新型コロナという未曾有の状況下にあっても揺るぎない底力として発揮されました。

当社グループでは、引き続き、産業ガスをはじめ、医療・衛生、エネルギー、農業・食品、物流といった、人々の命や暮らしを支える様々な事業領域を有するコングロマリット経営の強みと、地域に密着した事業基盤を活かしながら、ウィズ・コロナ社会における新たな課題解決に取り組み、さらなる企業成長を図ってまいります。

2020年度の連結業績予想

(単位:億円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2019年度
(実績)
2020年度
期初予想 見直予想 増減額 増減率 (%)
売上収益 8,091 8,100 8,200 +100 101.2%
営業利益 506 460 500 +40 108.7%
税引前利益 498 450 485 +35 107.8%
親会社の所有者に帰属する当期利益 304 270 290 +20 107.4%

今後の見通しといたしましては、米中対立の激化をはじめとする海外経済の下振れリスクなど、依然として不透明な要因が多く存在するものの、国内経済は、内需が堅調さを維持する中で、輸出も徐々に増加していくと見込まれます。また、新型コロナの感染拡大による影響はしばらくの間継続すると見込まれますが、感染対策と経済活動の両立により、世界経済も緩やかな回復を辿るものと推測されます。
こうした状況の下、当社グループを取り巻く事業環境といたしましては、衛生材料など感染管理製品の需要拡大に加え、産業ガス関連や農業・食品関連をはじめとした事業全般において、本年5月に公表した2021年3月期の連結業績予想における想定よりも早期の回復が見込まれます。また、これに加え、テレワークをはじめとした働き方改革などによる費用低減効果も継続することが見込まれます。
こうしたことから、通期業績につきましては、上期業績および足元の堅調な事業環境を踏まえ、上記の通り、期初計画を修正することといたしました。

(単位:億円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2019年度
(実績)
2020年度 増減
上期
(実績)
下期
(予想)
通期
(予想)
金額 前年比
売上収益 8,091 3,744 4,456 8,200 +109 101.3%
営業利益 506 196 304 500 ▲ 6 98.8%
税引前利益 498 188 297 485 ▲ 13 97.3%
親会社の所有者に帰属する当期利益 304 107 183 290 ▲ 14 95.3%

(単位:億円)

※横スクロールでご覧いただけます。

  2019年度
(実績)
2020年度 増減
上期
(実績)
下期
(予想)
通期
(予想)
金額 前年比
産業ガス関連 売上収益 1,890 855 1,055 1,910 +20 101.1%
営業利益 192 80 119 199 +7 103.4%
ケミカル関連 売上収益 275 147 183 330 +55 120.1%
営業利益 13 6 12 18 +5 134.5%
医療関連 売上収益 1,879 856 994 1,850 ▲ 29 98.4%
営業利益 105 31 74 105 +0 100.4%
エネルギー関連 売上収益 520 208 352 560 +40 107.8%
営業利益 43 11 35 46 +3 108.2%
農業・食品関連 売上収益 1,373 668 692 1,360 ▲ 13 99.1%
営業利益 33 18 17 35 +2 106.6%
物流関連 売上収益 504 263 287 550 +46 109.1%
営業利益 24 14 15 29 +5 121.0%
海水関連 売上収益 400 176 224 400 +0 100.0%
営業利益 29 8 20 28 ▲ 1 95.4%
その他 売上収益 1,251 571 669 1,240 ▲ 11 99.2%
営業利益 73 18 37 55 ▲ 18 75.0%
(調整額) 営業利益 ▲ 6 11 ▲ 26 ▲ 15 ▲ 9 -
合計 売上収益 8,091 3,744 4,456 8,200 +109 101.3%
営業利益 506 196 304 500 ▲ 6 98.8%