エア・ウォーターってどんな会社

経営理念

創業者精神を持って空気、水、そして地球にかかわる事業の創造と発展に、英知を結集する

私たちエア・ウォーターの事業の原点は、社名に冠した空気と水です。かけがえのない地球の資源を活かして事業を創出し、社会や人々の暮らしに貢献していくことを目指しています。
現在は、グループの総合力を高めながら、地域に根ざした産業と、地域に暮らす人々に果たすべき役割を見いだし、新しい事業を大きく育てようとしています。

沿革

1993年に株式会社ほくさんと大同酸素株式会社が合併して発足した大同ほくさん株式会社が2000年に共同酸素株式会社と合併して当社(エア・ウォーター株式会社)が誕生しました。

  • 株式会社ほくさん
  • 大同酸素株式会社
  • 共同酸素株式会社

1929年 ほくさん 1933年 大同酸素 1962年 共同酸素 1993年 大同ほくさん 2000年 エア・ウォーター株式会社

詳しくは「沿革・歴史」ページをご覧ください

コングロマリット経営と地域事業戦略(強み)

8つの事業を中核としたコングロマリット経営と8つの地域事業会社の機能を合わせることで、事業のさらなる広がりを創出します。

各事業の詳細につきましては
「事業・製品」ページをご覧ください

経営の基本

私たちエア・ウォーターグループは、社会の公器である企業にとって「継続と発展」が永遠の命題と捉えています。現在、様々な要因により社会・産業構造は大きく変化し、先行き不透明な時代が続いている中で、持続的成長を果たしていくために、2つの基本経営モデルを掲げ、“自らの形を変え続ける”ことに取り組んでいます。

  • 全天候型経営

    産業系ビジネス(産業ガス、ケミカル)と人にかかわるビジネス(医療、エネルギー、農業・食品など)との事業構成の最適バランスを志向しながら、常に安定した収益を目指すという経営モデル。

  • ねずみの集団経営

    各事業部門やグループ会社が「ねずみ」のように環境変化に俊敏に対応し、柔軟に新分野・新事業を開拓する活力を持ち、こうした中堅企業群を育成し産み出し続けることで、持続的な企業成長を実現するという経営モデル。

中期経営計画

NEXT-2020
(2010年度~2020年度)

エア・ウォーターでは、2010年度にスタートした中期経営計画「NEXT-2020」を通して、事業ポートフォリオの変革を推進し、「売上高1兆円企業」を目指します。
現在は、2018年度の売上高8,200億円をターゲットとした「Ver.3」を推進しています。

■計画/目標数値

(単位:億円)

  2009年度
実績
2018年度
計画(Ver.3)
次期中期経営計画
にて策定
売上高 4,263 8,200 10,000
経常利益 282 510 -

詳しくは「中期経営計画」ページをご覧ください