テレビや新聞、雑誌、街の中の看板などに掲載しているエア・ウォーターグループの広告です。私たちのくらしや社会に欠かせないものやサービスを提供する企業姿勢やその取り組みをご紹介しています。

全社広告

「目に見えないもの、支えるもの。」

「目に見えないもの、支えるもの。」

エア・ウォーターグループのブランドステートメント『地球の恵みを、社会の望みに。』をベースコンセプトとして、「目には見えないが、様々な事業領域で人と社会を支えているインフラ企業」という点をキーメッセージとした広告です。母親に抱かれた赤ん坊をキービジュアルに、「企業の信頼感」と「今後のグローバル成長」を彷彿させる表現としました。

掲載紙:日本経済新聞(15段、文化面5段)など

看板 :掲載場所はこちらをご覧ください。

「地球環境とウェルネスで、サステナブルな未来に挑む。」

エア・ウォーターが創業から持ち続けている常に挑戦し続ける企業姿勢と、事業を通じてSDGs達成に取り組む姿を訴求。「地球環境」と「ウェルネス」の2軸でSDGsに取り組む姿勢を表現しています。

メインビジュアルは「ファーストペンギン」。ビジネスシーンにおいて、リスクを恐れず新たなことに先陣を切って挑戦する精神の持ち主を、敬意を込めて「ファーストペンギン」と呼んでいます。普段集団で行動するペンギンが群れから飛び出し、魚をとるために天敵がいるかもしれない海へ、最初に飛び込む1羽目の勇敢なペンギンに由来しています。

掲載紙:日本経済新聞朝刊(一面突出し広告)など

突き出し広告

各新聞の題字付近に社名広告を掲出しています。

掲載紙:北海道新聞、信濃毎日新聞、日刊工業新聞、日経産業新聞 (月1回程度)

事業紹介広告

看板広告

「目に見えないもの、支えるもの。」

<新大阪駅(東海道・山陽新幹線)>

(設置場所)
東海道・山陽新幹線の新大阪駅の改札内コンコースへの広告掲出です。在来線から乗換改札口寄りの土産物屋さんの裏手にあり、23-24番線ホームへつながる階段付近に掲出しています。

「信州のくらしと産業とともに」

松本駅お城口のロータリーの正面にあるビル屋上への広告掲出です。信州地区は、エア・ウォーターグループのくらしに関わる事業の集積地でもあり、当地区における一層の知名度向上を図っています。