呼吸機能が低下している患者さまに向けた在宅酸素療法(HOT)や、食事から必要な栄養を摂ることが難しい患者さまの栄養管理を目的とした在宅中心静脈栄養法(HPN)や呼吸器関連商品を通して、ご自宅でも快適に暮らせる毎日を支えています。

在宅酸素療法

様々な疾患により肺の機能が低下し、呼吸がうまくできない状態が長期間続く場合は、外から酸素を補う治療が必要です。こうした治療は、在宅酸素療法(HOT:Home Oxygen Therapy)と呼ばれ、保険適用の対象となっています。以前は酸素を吸うために長い間入院生活を送らなければなりませんでしたが、現在では、機器・システムの発達により、自宅療養が可能となりました。エア・ウォーターは、医療用ガス供給のノウハウや強みとする全国に事業拠点をもつ強みを生かして、在宅医療のニーズに応えてきました。

エア・ウォーターグループが提供する酸素濃縮装置は、「バッテリー」「火災防止機能」を標準装備し、慢性呼吸不全や肺高血圧症などの患者さまに、医師の指示通り高濃度の酸素を確実に安定供給するとともに、停電時にも一定時間酸素を供給し続けます。なお、酸素濃縮装置など機器のレンタルや療法・用法に関するご相談は、医療機関と行っていただきます。病院から依頼を受けた事業者が、患者さまのご自宅にお届けします。

また、在宅酸素療法の患者さまが外出する際は医療用酸素容器を携帯して、常に安定した酸素吸入を行う必要があります。エア・ウォーターグループでは、こうした患者さまをサポートするための携帯用酸素吸入関連商品を提供しています。
 

在宅酸素療法(HOT)

在宅中心静脈栄養法

中心静脈栄養法(HPN)は、食事などから必要な栄養を摂ることができない場合に、栄養状態を維持するため、静脈からさまざまな栄養素を含む輸液剤を点滴する療法です。在宅中心静脈栄養法をより安心・安全に行うことのできる商品をお届けしています。

在宅中心静脈栄養法(HPN)

在宅持続陽圧呼吸法

閉塞性の睡眠時無呼吸症候群は、肥満による脂肪の増加や、小児の扁桃肥大などによって起こる気道の狭小化などの原因で、睡眠中の呼吸停止状態(酸素不足)が頻繁に生じる疾患です。睡眠時に鼻マスクにより陽圧の空気を持続的に送り込み、狭くなっている気道を広げて呼吸を確保する、「持続的陽圧呼吸療法(CPAP)」の在宅レンタルを提案しています。