ニュースリリース

共同事業会社設立の基本合意について

2004年04月01日

新日鐵化学株式会社
代表取締役CEO  西 恒美
エア・ウォーター株式会社
代表取締役会長・CEO 青木  弘
エア・ウォーター・ケミカル株式会社
代表取締役社長  西川幸一良

新日鐵化学株式会社、エア・ウォーター株式会社、エア・ウォーター・ケミカル株式会社は、以下の2つの共同事業会社を設立し、運営することについて基本的に合意いたしました。

  1. タール事業を行なう共同事業会社
  2. 工業ガスの販売を行なう共同事業会社

それぞれの共同事業会社について、以下説明いたします。

1. タール事業を行なう共同事業会社について

新日鐵化学株式会社(以下、「NSCC」)とエア・ウォーター・ケミカル株式会社(以下、「AWC」)は、両社タール事業の製造・販売・開発機能を統合した新会社設立(本年10月1日予定)に向け、今後詳細について検討することといたします。
今回の事業統合により、タール蒸留能力は年間90万トン強の規模となり、実質蒸留量としても年間76万トン(平成15年実績)と、国内最大の規模となります。
今後、蒸留拠点の統廃合による保有設備の生産性向上や、ニードルコークスやナフタリンなどの既存事業強化に加え、アルミ精錬用バインダーピッチ事業分野の拡大を図ること等で、20億円規模の統合効果発現を目指し、タール事業のいっそうの競争力強化を進めてまいります。

(1) 統合の背景
NSCCは新日本製鐵株式会社グループのコークス製造過程で得られるコールタールを、AWCは住友金属工業株式会社のコールタールを原料としてさまざまな石炭化学製品を産み出し、各分野での産業基礎素材として社会の発展に貢献してまいりました。
しかしながら、最大で200万トンを超えていた国内タールソースは、都市ガス源の転換(コークス炉ガスからLNGへ)などにより、現在では160万トン規模にまで減少しており、タール成分の徹底した有効活用と設備集約が喫緊の課題となっております。
また一方で、タールの発生量が増加傾向にある中国においては、タール蒸留製品の拡大や新規参入が相次ぐなど、今後国際競合のさらなる激化が想定されています。今般の統合は、こうした中国をはじめとしたアジア各国、さらには欧米をも視野にいれた国際競争に打ち勝つことのできる、盤石な事業体制構築を図るものであります。

(2) 統合対象事業
統合対象とする事業領域はタール重質分を活用した炭素材料およびタール蒸留により分留される製品群であり、以下に示すとおりです。
NSCC     :ピッチコークス、ピッチ、カーボンブラック原料油、ナフタリン、無水フタル酸、
        各種タールファイン製品
        売上高: 170億円
AWC     :カーボンブラック原料油、ナフタリン、各種タールファイン製品
       売上高: 80億円

(3) 今後の取り組み
両社の保有する製造技術および市場展開力を活用した最適プロダクトミックスの実現と、プロフィットマックスを意図した製造販売体制構築を検討していきます。
これらにより、欧米の大規模メーカーと比肩する体制を整え、世界最強のタール事業会社を目指すとともに、充実したタール製品のラインナップでお客様のニーズに応えて参りたいと考えております。

  1. ピッチコークス事業、電極用バインダーピッチ等に加え、両社の蓄積技術を活かし、今後市場規模の拡大が期待できるアルミ精錬用メルトピッチ市場への進出を視野においた、重質分の付加価値アップの検討を進めていきます。  アルミ生産は、年間2~4%の伸びが期待されており、これに連動して、メルトピッチ需要が高まってきております。一方で、欧州・北米タールの減少に伴い世界的にピッチ供給能力が限界に達しつつあり、この需要に対応すべく、同事業分野への進出を視野に入れ検討して参ります。
  2. 両社はこれまで、タイヤ向けカーボンブラック原料油を供給してまいりましたが、これについては、グループ会社で進めるカーボンブラック事業と連携した展開を図るほか、生産・物流体制の戦略的な見直しを進めてまいります。
  3. 軽質分の主要製品であるナフタリンおよび誘導品である無水フタル酸を供給してまいりましたが、これまで以上にお客様のニーズにフレキシブルに対応できる体制構築を目指し検討いたします。
  4. タールからの精密蒸留品(タールファイン製品)につきましては、従来から取り組んでいる両社の提携をさらに深化させ、供給力の安定化を図るとともに、生産技術の融合により製品競争力の更なる向上を進めたいと考えております。

 

2. 工業ガス販売を行なう共同事業会社について

エア・ウォーター株式会社(以下、「AWI」)と、新日鐵化学株式会社(以下、「NSCC」)は、 新日本製鐵株式会社および新日鐵住金ステンレス株式会社、ならびに住友金属工業株式会社および株式会社住友金属小倉向けの製鉄事業用工業ガス供給と外販について、本年7月1日(予定)の会社設立に向け、今後詳細を検討してまいります。
共同事業会社は、8ヵ所の製鉄所への工業ガス供給ならびに各オンサイトプラントで生産される酸素、窒素、アルゴン、水素等の工業ガスの外販を行なってまいります。
この共同事業会社により、AWIは工業ガスの安定した生産拠点を拡充することで、物流の効率化による関東、中国、九州地区における販売力の強化と販売量の拡充が見込まれることになります。
また、NSCCは、共同事業会社を通じて外販力が強化されることで、オンサイトビジネスの経営効率化が進むことになります。

(1) 統合の経緯と今後の取り組み
AWIは、全国に製造・販売拠点とネットワークを持つ国内最大規模の産業ガスメーカーとして、高炉製鉄所におけるオンサイト供給ビジネスに力を入れてまいりました。とりわけ新日本製鐵の室蘭、と住友金属工業の鹿島、和歌山、住友金属小倉の4高炉製鉄所すべての工業ガス供給を担う実績から、オンサイト供給のアウトソーシング事業には圧倒的な強みを発揮してまいりました。
NSCCは、君津・広畑・光・八幡を拠点に新日本製鐵および新日鐵住金ステンレスの製鉄事業向け工業ガス供給と一般外販を行ってきました。
こうした中から、今般の共同事業計画は、AWIの販売ネットワークと、両社の生産拠点とを効率的に活用することで、それぞれが有する液化ガスの外販をいっそう強化し、さらに製鉄事業へのオンサイトサービスの充実を図ることで、より良質のアウトソーシングビジネスへと発展させることを目的としています。

(2) 統合対象事業
AWI     : 酸素、窒素、アルゴン、炭酸ガス、水素、溶接用シールドガス
売上高: 200億円
NSCC     : 酸素、窒素、アルゴン、炭酸ガス、水素
売上高: 70億円

(3) 統合会社の概要
1. 会社名     : 未定
2. 本社所在地     : 未定
3. 資本金     : 未定
4. 出資比率     : AWI65%、NSCC35%を基本に事業価値評価により決定
5. 社長     : 未定
6. 役員     : 未定
7. 売上高     : 未定
8. 事業内容     : 工業ガス製品の販売
9. 設立日     : 平成16年7月1日(予定)

[参 考]当事会社の概要

新日鐵化学株式会社の概要
設   立     : 昭和31年
資 本 金     : 5,000百万円
株主構成     : 新日本製鐵株式会社の100%子会社
本   社     : 東京都品川区西五反田7丁目21番11号
代 表 者     : 代表取締役CEO 西 恒美
連結売上高     : 217,000百万円(平成16年3月期予想)
事業内容     : 下記製品の製造・販売

コークス、炭素材製品、工業用ガス
基礎化学品、機能化学品、潤滑材、合成樹脂、塗料
電子材料(回路基板材料、半導体関連材料、表示デバイス材料)

エア・ウォーター株式会社の概要
設   立     : 昭和4年
資 本 金     : 15,512百万円
上   場     : 証券コード4088(東証・大証 各一部、札証)
本   社     : 大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目20番16号
(本店所在地)     : 札幌市中央区北3条西1丁目2番地
代 表 者     : 代表取締役会長・CEO 青木 弘
連結売上高     : 265,000百万円(平成16年3月期予想)
事業内容     : 鉄鋼、化学、エレクトロニクス向けガス供給
産業機材販売、医療ガス供給、医療機器販売、医療サービス
福祉介護事業、LPG供給、天然ガス供給 等

エア・ウォーター・ケミカル株式会社の概要
設   立     : 昭和33年
資 本 金     : 3,000百万円
本   社     : 東京都千代田区外神田2丁目16番2号
代 表 者     : 代表取締役社長 西川 幸一良
連結売上高     : 24,000百万円 (平成16年3月期予想)
事業内容     : 下記製品の製造・販売

  • 石炭化学製品およびその二次製品
  • 医薬中間体・電子材料などの有機化学品
  • コークス炉ガスの精製

(※4月1日付で住金エア・ウォーター・ケミカルからエア・ウォーター・ケミカルに社名変更)

以 上

【本件に関するお問合せ先】
◇ 新日鐵化学株式会社 総務部(広報)  辻 邦博、石井 秀雄
〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目21番11号
TEL.03-5759-2741 / FAX.03-5759-2777

◇ エア・ウォーター株式会社 広報室長  岸 貞行
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目20番16号
TEL.06-6252-5411 / FAX.06-6252-3965

◇ エア・ウォーター・ケミカル株式会社 取締役社長室長 堤谷 吉徳
〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目16番2号
TEL.03-3258-3171 / FAX.03-3258-3179

ニュースリリース一覧に戻る