産業ガス関連事業

その他の溶接・切断ガス

レーザー発振器用混合ガス「ダイレーザーV」

エア・ウォーターでは、長年培われた各種ガス製造技術を応用し、また徹底した品質管理のもとで、高品質・高精度の切断用ガスとして、レーザー発振器用混合ガス「ダイレーザーV」を供給しています。

特長

  • 高純度の原料ガス利用により極めて安定したレーザー出力
  • 特殊バルブ付の専用容器により高品質なガス供給を実現
  • 各種レーザー発振器に最適な混合比のシリーズ製品をラインアップ
  • 別途、各種アシストガスの供給体制を完備

用途

  • 切断、溶接、熱処理 ほか

供給方法

  • シリンダー供給

種類

※横スクロールでご覧いただけます。

ガス名 組成(%) 充填圧力
(35℃)
標準容器仕様
CO2 N2 CO He 内容積 容量
3種類混合
(CO2+N2+He)
4.5 13.5 - 82 14.7 MPa
(150 kg/cm2G)
47 L 7 m3
5 30 - 65
5 55 - 40
7 33 - 60
4種類混合
(CO2+N2+CO+He)
8 8 2 82 9.8 MPa
(100 kg/cm2G)
47 L 5 m3
       
  • ※上記は代表的な例です。
  • ※その他の混合比も製造可能ですのでご相談下さい。

溶断・加熱用混合ガス「ダイチレン」

「ダイチレン」は液化エチレンを主成分とした溶断・加熱用ガスです。作業の迅速性はアセチレンと同等、使用時の安全性はアセチレンより優れています。

ダイチレンの特長

①安全性が高い

  • 空気より比重が軽く、室内作業においても滞留しない
  • 爆発範囲が狭く、アセチレンのように逆火逆流や分解爆発などの危険性がない

②作業性が高い

  • 火炎温度が高いので、切断速度はアセチレンと同等
  • ロー付や薄板の簡単な溶接も可能

③経済的

  • 溶解アセチレンに比べてガスコストが安価
  • 液化ガスのため大量供給が可能

用途

切断、スカーフィング、ガウジング、熱処理、溶接その他加工

供給方法

シリンダー供給、タンクローリーによる大量供給も可能。お客様のご使用量、設置場所等に応じて最適な方法をご提案いたします。

溶断・加熱用混合ガス「ダイカット®

「ダイカット」は、プロピレンを主成分とした溶断・加熱用ガスです。
アセチレンと比較し、安全性・経済性が高いところが特徴です。

ダイカットの特長

  • 切断速度はプロパンよりも改善される
  • 溶解アセチレンに比べガスコストが安価
  • 爆発範囲が狭く、アセチレンのように逆火逆流や分解爆発などの危険性がない

用途

切断、スカーフィング、各種加熱作業、加工硬化、フレームブラスト、ろう付け

供給方法

シリンダー供給、タンクローリーによる大量供給も可能。お客様のご使用量、設置場所等に応じて最適な方法をご提案いたします。

産業ガス関連事業

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問