ケミカル関連事業

医農薬中間体

高度な生産設備を生かして高精度な受託合成を可能に

エア・ウォーターでは、ヘテロ環化合物の世界的なトップメーカーとして、国内のみならず世界各国の農薬メーカーから寄せられる多様な誘導体の開発ニーズに、高度な技術力と安定した供給体制でお応えしています。

特長

エア・ウォーターは、中国の連雲港裕立化工有限公司とともに設立した愛沃特裕立化工(江蘇)有限公司(エア・ウォーター裕立化工)において、農薬や医薬の原料・中間体や電子材料の原料の製造を行っています。主に需要が伸び続けている農薬の中間体を1,000~1,500ton/年生産・販売しているほか、日本の電材メーカー向けに30~50ton/年の中間体を製造しています。最新の研究設備と分析設備を有しており、高品質なケミカル製品を中国国内および日本へ提供しています。

愛沃特裕立化工(エア・ウォーター裕立化工)

所在地 :中国江蘇省連雲港市(連雲港工業園区に所属)
敷地面積:敷地面積:33,000m2

受託品目における得意分野

日本向け製品専用受託設備として施工した「第5工場」は、国内受託設備と同様の設備スペックを備え、国内で製造した製品をそのまま移管できます。分析機器も国内工場と同様のスペックに合わせています。また、豊富な酸化技術により様々なカルボン酸誘導体を保有しているほか、コストパフォーマンスに優れた原料や中間体を量産することができます。

  • 純酸素酸化
  • 低メタル化、異物レス技術

純酸素酸化

  • 複数あるメチル基の1つをカルボン酸へ変換
  • 液相空気酸化と使い分ける事で種々のカルボン酸誘導体が調製可能。

用途 医薬中間体
農薬原料等
設備能力 100%純酸素使用
MAX 150℃
圧力0.5MPa
  • 液相空気酸化

    • 複数のメチル基を同時にカルボン酸へ
  • 純酸素酸化

    • 複数のメチル基の一つをカルボン酸へ誘導
      温度・圧力を掛けることで複数の酸化も可能。
    • 骨格自体が燃えやすい基質に対して有効

反応実績

酸化(純酸素)反応/水添反応/ジアゾ反応/クロロスルホン反応/メトキシ化反応/酸クロ化反応/ニトロ化反応

技術の特長

薬品酸化に比べ環境に優しい酸素酸化を用いて、農薬中間体となりうる様々なカルボン酸誘導体を生産しております。

環境対策

愛沃特裕立化工は環境対策に力を入れ、園区での製造許可を取得しています。