その他の事業

海外エンジニアリング

産業ガス関連機器と高出力UPS関連システムの2事業を柱に据え、事業基盤を構築していきます。

海外事業は、2020年以降、エア・ウォーターグループが成長を続ける上で、その原動力となる大きな柱の一つです。現在、現地パートナーとの連携や新たな仲間づくりを行いながら、エンジニアリング領域を中心とした海外展開を進めています。

産業ガス関連機器・エンジニアリング

国内では、深冷空気分離装置等の産業ガス製造プラントや、ガスアプリケーション機器の開発・製作・施工・メンテナンスなどを手掛けてきました。海外においては、当社が長年培ってきた産業ガス関連技術を強みに、グローバルなエンジニアリング拠点を整備しながら特長ある技術や製品群を取得しています。現在、北米エリアを中心に、各種装置やエンジニアリングを通じて市場への認知向上を図っています。さらに、将来的には、アメリカ版VSUビジネスモデルの普及を視野に入れた産業ガス供給事業の展開を目指しています。

Air Water America(エア・ウォーター・アメリカ)

米国での事業展開を見据えて、グループ会社を統括する会社を2018年1月に米国ニュージャージー州に設立しました。今後も引き続きM&Aを通じて、同地域での基盤整備を拡充していく方針です。

AW-AMCS(エア・ウォーターAMCS)

北米エリアにおいて、深冷空気分離装置(ASU)をはじめとする産業ガス関連プラントのEPC事業を行っています。なお、AMCS社(AMCS Corporation)は、産業ガス関連プラントの世界トップクラスのエンジニアリングサプライヤーです。

Taylor-Wharton Malaysia Sdn.Bhd(テーラー・ワートン・マレーシア)

マレーシアに製作拠点を有し、CEやLGCなどの貯槽用低温容器の製造を行っています。高品質でありながら、独自の製造ノウハウによりコスト競争力に長けた製品づくりを行っており、北米を中心にアジアなどグローバルな販売網を構築しています。なお、同社で製造された製品の一部は高圧ガス保安法の検査を受けて日本国内でも使用されています。

Taylor-Wharton America(テーラー・ワートン・アメリカ)

アメリカのテキサス州に製作拠点を有し、輸送用低温機器の製造・販売を行っています。特に、1999年の設立以降、液化ガストレーラーのほか、米国では主要な液化ガスの輸送手段である鉄道輸送用の極低温貨車や、油井・ガス井加圧用車両の製造・販売を手掛けており、低温輸送機器の分野では米国トップクラスのシェアを有しています。

TOMCO2 SYSTEMS COMPANY(トムコ)

食品・飲料向けの液化炭酸ガス関連機器の製造やメンテナンス分野において、米国市場を中心に、豊富な実績を有しています。高い技術力を活かし、工場等に併設される炭酸ガス供給設備のエンジニアリングや炭酸ガスローリーの設計・製作のほか、炭酸ガスを利用した水処理設備や消火設備等など幅広い領域で同社の技術が活用されています。

高出力UPS関連システム

ロータリー式無停電電源装置(DRUPS:Dynamic Rotary Uninterruptable Power Supply)は、出力1,500kVA以上の高出力帯に適した無停電電源装置(UPS)で、主にデータセンターや半導体、製薬といった大規模な製造工場で導入されており、電圧低下や停電による設備や製品へのダメージを回避し、安定操業を継続するための重要機器です。近年、情報通信を取り巻く環境としては、クラウドサービスやIoT等の普及によってデータ通信量が急速に増大しており、これに伴うデータセンターや半導体工場の新増設にかかる需要の高まりを背景に、高出力UPSの世界市場は今後も高い市場成長が見込まれます。
こうしたなか、当社は、エンジニアリング分野の新事業として、高出力UPSシステム事業に参入しました。当社グループでは、半導体工場の製造プロセスに不可欠な各種ガスを安定供給いるほか、データセンター向けの窒素消火設備で高い国内シェアを有しており、事業間シナジーの創出にも取り組みます。このように、データセンターや大規模工場の安定稼働に欠かすことができない重要なユーティリティを複合的に提案することを通じて、お客様のBCP(事業継続計画)に不可欠となる「ユーティリティ・ソリューション」の事業化を進めてまいります。

平時は電気エネルギーで内蔵されているフライホイールという回転体を回し続け、停電などの電力異常時に、当該回転体が惰性で回り続けることにより十数秒の間電力を生み出し、その間にディーゼル発電機を立ち上げ、連続給電を維持する仕組みです。

Hitec Holding B.V.(ハイテック)

1956年に世界で最初にDRUPSを開発したメーカーであり、オランダに本社を置く会社です。競争力の高い技術力を有し、創業60年以上にわたり1,500基以上のDRUPSを世界各地に納入しています。また、オランダのほか米国ヒューストン、台湾新竹にオーバーホール拠点をもち、グローバルな拠点体制を構築しています。

Power Partners Private Limited(パワーパートナーズ)

東南アジアを中心に無停電電源装置(UPS)のエンジニアリングおよびメンテナンス事業を展開しています。システム設計、調達、組立、施工、メンテナンスまでの一貫した事業を展開しており、そのソリューション提案力を強みとしています。今後はHitec社との一体運営を図り、エンジニアリング・技術ネットワークサービスを構築していきます。