その他の事業

海外事業

2020年以降の成長の原動力の大きな柱の一つとして海外事業拡大を目指しています。

海外事業は、2020年以降、エア・ウォーターグループが成長を続ける上で、その原動力となる大きな柱の一つです。現在、現地パートナーとの事業連携やM&Aを積極的に実施しながら、産業ガス関連事業(エンジニアリング分野)や医療関連事業(医療機器・病院設備工事分野)を中心に、関連する商材や技術での海外展開を着実に進めています。

北米地域

米国でのガス供給事業を見据え、エンジニアリング事業の整備を進めています。2018年2月に炭酸ガス関連の機器メーカーであるトムコ社を買収し、米国で初めての機器製作・販売拠点を獲得しました。今後、新たなM&Aや現地パートナーとの連携を前提に、産業ガス関連機器やプラントエンジニアリング分野の事業領域を拡大していきます。

アジア地域

インド、ベトナム、インドネシアなど、今後の市場成長が期待できる地域において、既存のグループ会社や現地有力企業との連携により、産業ガスビジネスをすでに展開しています。また、2018年8月に無停電電源装置のエンジニアリング・メンテナンス事業を行うシンガポールのパワーパートナーズ社を買収し、アジア地域でのエンジニアリング拠点を拡充しました。
医療関連事業では、2017年6月にM&Aをした、シンガポールの病院内装・設備施工を行うグローバルワイド社を起点に、東南アジアでの医療機器・病院設備工事分野での事業開拓に取り組みます。

海外事業拠点