その他の事業

ベルパール

高分子技術を高めながら、新たな機能性材料を開発しています

エア・ウォーター・ベルパールでは、独自に開発した機能性微粒子状フェノール樹脂「ベルパール®」の特性を活用し、幅広い産業分野に向けた技術開発や商品開発に取り組んでいます。高機能性微粒子状フェノール樹脂「ベルパール®」、機能性ニューカーボン「ベルファイン」、PSA式窒素ガス発生装置「ベルスイング®」の3つの製品群を展開しており、素材そのものから産業用装置まで、一貫してフェノール樹脂技術を応用した商品展開を行っています。

ベルパール®:高機能微粒子状フェノール樹脂

高機能微粒子状フェノール樹脂「ベルパール」は、従来のフェノール樹脂とは、製法・特性が全く異なる高分子量タイプの高機能微粒子状フェノール樹脂であり、高い安全性や高い物性、そしてユニークな形状を利用して耐火物・接着剤・複合材・炭素材などに使用されています。また、高耐熱性・高強度・高残炭率などの高い物質特性とともに、環境安全性も実現しました。

ベルファイン®:機能性ニューカーボン

「ベルファイン」は、「ベルパール」を原料とし、焼成条件を高度に制御したニューカーボンです。小粒子径、真球状という特徴あるカーボン材で、蓄電デバイス(キャパシタ、電池)の低抵抗化に貢献しています。電気二重層キャパシタ電極材向け「ベルファインAP」、リチウムイオンキャパシタ・リチウムイオン電池用負極材向け「ベルファインLN」などを展開しています。

ベルスウィング®:PSA式窒素ガス発生装置

PSA式窒素ガス発生装置は、独自の合成高分子材料ベルパールを原料とした高性能吸着材を活用しています。装置のコンパクト化と省エネルギーを実現し、産業機器向け中大型分野PSA装置では、国内トップクラスのシェアを誇ります。窒素ガスコストを削減したい方、省エネを図りたい方、老朽設備の更新など、あらゆるニーズにお応えします。

PSA式窒素ガス発生装置

生産体制

山口県防府市に生産拠点を持ち、フェノール樹脂とそれらの焼成品、およびそれらを成分とした複合材料の開発・製造を行っています。

関連ページ

  • エア・ウォーター・ベルパール株式会社