物流関連事業

最新情報 2021年

2021年05月14日

  • お知らせ

エア・ウォーター物流㈱ 苫小牧物流センター稼働のお知らせ

当社のグループ会社であるエア・ウォーター物流株式会社(代表取締役社長 向出 敏行、以下:エア・ウォーター物流)は、北海道苫小牧市において2020年9月より建設していた物流センターが完成し、本日5月14日より稼働いたしましたので、お知らせいたします。

001a 外観 -リサイズ.jpg
エア・ウォーター物流は、北海道を中核の事業エリアとして、全国の拠点を結ぶ輸送ネットワークを構築しており、北海道と本州を結ぶ海上輸送を利用した往復輸送(シャーシ輸送)では、幅広い貨物の取扱い実績を有しています。

このたび、より競争力のある物流サービスの拡充を目指し、北海道と本州を結ぶフェリー航路の主要港である苫小牧市において、物流センターを新設しました。今後、同センターは、道内各地から集荷した貨物を保管し、行先に応じて小・中ロット貨物の積み合わせを行う共同センターとしての機能を担います。また、本州側の主要港である茨城県大洗町に近接した「北関東物流センター」を相互活用することで、フェリー航路における荷扱量の拡大を図るとともに、発着本数のバランス化など輸送業務の効率化を進め、お客様の輸送ニーズに全国ネットワークでお応えしてまいります。

エア・ウォーター物流は、輸送時のCO2 排出量の増加やドライバーの長時間労働といった課題を受けて、海運や鉄道などの大規模輸送に転換し効率化を図る「モーダルシフト」にも力を入れています。保管や品質管理を含めた最適な物流システムを通じて、物流の効率化や環境負荷の低減にも貢献していきます。

(施設概要)
(1)名称 :エア・ウォーター物流㈱ 苫小牧物流センター
(2)所在地 :北海道苫小牧市ウトナイ北8 丁目952
(3)敷地面積:49,000 ㎡(約15,000 坪)、
(4)建物概要:倉庫棟(鉄骨造平屋建)、延床:約2,000 坪給油所、車両整備場、車庫などを併設
(5)総投資額:約28 億円(土地取得代金を含む)
(6)稼働開始:2021 年5 月14日(金)

(ご参考)
ニュースリリース:2020年9月 エア・ウォーター物流 苫小牧物流センター建設のお知らせ
スペシャルコンテンツ:幅広い物流ニーズに応えるシャーシ輸送

●当社グループは、国連サミットで採択された2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みを進めています。今回の取り組みは、下記の開発目標に該当します。
8 働きがいも経済成長も 
13 気候変動に具体的な対策を

8・13.JPG

一覧に戻る