物流関連事業

食品物流

幅広い温度管理によりコールドチェーンを全面的にサポートします。

エア・ウォーターでは、北海道、東北、関東を中心に、定低温技術を活かした特長ある物流センターを運営し、食品輸送ネットワークを構築しています。食品メーカーを始め、コンビニエンスストアや量販店、外食チェーンなど様々な業態と、ガス分野で培ってきた幅広い管理温度帯についての豊富なノウハウを、最大限に生かした当社独自の物流センターの運営を行っています。特に昨今、冷凍食品や加工食品、アイス製品などは、品質・鮮度の維持に繊細な温度管理が求められており、温度管理を徹底した物流体制が欠かせません。成長分野と位置づけられている冷凍・冷蔵食品市場において、温度管理が商品のおいしさを引き出す重要な要素の一つであると考え、倉庫業から流通加工業務、そして配送まで一貫した物流環境を構築し、多様化する品質要件に適応しています。

管理可能な温度帯

  温度帯
チルド 0 ~ 10℃
パーシャル 0 ~ -5℃
フローズン -20℃
超低温 -50℃
定温 15 ~ 20℃

機能紹介

倉庫管理システム

在庫管理システムイメージ

温度管理ツール

車両動態管理システムにより、リアルタイムに配送車両の位置や荷室の温度をモニタリングしています。これらのデータは物流品質の証として、お客様にはいつでも提供しています。

  • 車両動態管理
  • 保冷シッパー
  • 保冷カーゴ

エア・ウォーターグループ/一般貨物向け車両保有台数

平成30年5月現在

冷凍冷蔵車/保温車 約200台
冷凍トレーラ 約15台

関連ページ

  • エア・ウォーター物流株式会社
  • エア・ウォーター食品物流株式会社