人工空気は、医療用酸素と医療用窒素を約22:78の割合で高精度に混合した人工的な空気ガスです。不純物のない清浄度の高いガスとして、人工呼吸・人工心肺や高気圧酸素治療などの用途に使用されています。

※人工空気は医薬品ではございません。

規定区分

人工空気

なし

人工空気の性質

物性データ

化学式

O\( \sf _2 \)+N\( \sf _2 \)

ボンベ色

ねずみ色

配管・アウトレット色

黄色

外観・臭気

無色・無臭

ガス比重

1.00(空気=1)

性質

支燃性

臨界温度

-140.7℃

人工空気システム

ボンベにはガスの状態で充塡されています。

病院における用途

  • その他(医薬品としての効能・効果に該当しないもの)

吸入用 人工呼吸器・人工心肺
専用装置による高気圧酸素治療
機械駆動用 外科手術機器の駆動用ガス

人工空気の主な取扱注意点

支燃性

油脂類等は厳禁であり、バルブ、圧力調整器等接触する部分に油脂類を付着させてはならない。

人工空気システムについて

人工空気システムとは、医療用酸素と医療用窒素を約22:78の割合で高精度に混合し、供給する装置です。
通常、医療用酸素CE(コールドエバポレーター)と医療用窒素CEを必要としますが、エア・ウォーターでは、1つのCEと同じ設置スペースで供給可能な「二段式CEシステム」も提案しています。

二段式CE(低温液化ガス貯槽)

項目 定格製造能力
(L/min)
最大製造能力
(L/min)
酸素濃度
(%)
JIK-01 小容量ブレンダー×1台×1列 400 800 22%
JIK-02 小容量ブレンダー×2台×2列 800 1,600
JIK-03 小容量ブレンダー×1台×2列 1,500 3,000

(特許番号 第2964310号 登録日 平成11年8月13日)