8Kスーパーハイビジョン技術を応用した、8K硬性内視鏡

「Scope eight」が、内視鏡手術の常識を大きく変えました。
高精細で高画質の撮影のできる8K硬性内視鏡カメラと周術期医療製品との連携により、手術空間の視野の拡大・医師の負担軽減につなげ、お客様により安全で正確な手術を提案しています。

Scope eight

特長

  • 現行ハイビジョン(2K)の16倍の高解像度
  • 370gの世界最小・最軽量\( \sf ^{※1} \)の8K内視鏡カメラ
  • 高性能フォーカスアダプタ・内視鏡
  • 視力4.27\( \sf ^{※2} \)に匹敵する鮮明高画質
  • 4倍デジタルズーム

など、これまでの常識を超える高性能で、異次元の内視鏡手術を可能にします。

※1 2017年9月時点。

※2 ハイビジョンを視力1.07相当とした場合。

 

8Kの解像度は2K(フルHD)の16倍で、画素数にして7,680×4,320、約3300万画素に及びます。フルHDが「きれいな画像」だとすれば、8Kは「実物が目の前にあるとしか思えない画像」だといってもよいでしょう。まさに、8Kは圧倒的な臨場感、リアリズムをもたらします。
超高精細の8K画像は、拡大しても細部まで鮮明に表示されます。つまり、これまで見えていなかったものまで見えるようになります。この最先端の8K映像技術を医療分野に応用したのが「8K医療」です。

当社が独自開発した8K内視鏡カメラによる手術映像は、手術室に設置された8K対応の大型モニタに映し出されます。術者はその鮮明画像を見ながら手術を行います。従来の内視鏡手術の常識を超えて、より信頼性の高い手術が可能になります。

関連ページ