事業・製品 医療関連事業

  • 製品・技術・サービス
  • 生産・供給拠点

病院サービス

SPDサービス(物品物流管理)

医療機関の複雑な物品物流を中央化してサポート

医療消耗材料の調達は、あらゆる医療機関が運営していくなかで欠かせない業務ですが、医療分野に応じてそれぞれ固有の医薬品、医療材料、医療機器などがあるため、その業務範囲は非常に広範にわたります。こうした院内で流通するあらゆる物品の物流管理を専門化し、システム的に中央管理(一元的管理)するのがSPD(Supply Processing & Distribution)です。
エア・ウォーターでは、医療消耗材料の調達から運用、標準化、経営分析まで、一連のサイクルを提案し実施することで、医療機関における適正な物品物流管理・医療の安全性向上とともに、経営効率化をサポートしています。

SPDサービスの導入効果

院内で流通する「モノ」の管理を専門化、搬送業務の中央化によって物流情報を中央化することがSPDサービスの役割です。医療消耗材料の発注、在庫管理、棚卸、消費データなどを一括管理することで、医療スタッフが医療行為や患者様のケアに専念できる環境をつくりだすことに加えて、医療材料消費データ(=医療機関の医療材料費)・保険請求業務漏れ防止ラベル・資産管理システムを活用し、医療機関の経営にさまざまなメリットをもたらすことができます。

導入効果
医療スタッフ 医療行為・患者ケアに専念できる環境の構築、保険請求業務の簡素化
病院 人員配置ならびに人員コストの最適化
在庫・物流 発注管理の一元化による医材コストの削減、まとめ搬送による物流コストの削減
情報 医療材料消費データの収集・分析を行い、コスト削減提案による医療機関の経営改善
対象となる物品例
  • 医療機器
  • 医療材料
  • 医薬品
  • 滅菌物
  • 検査試薬
  • リネン
  • 日用品

エア・ウォーターのSPDシステムについて

エア・ウォーターのSPDシステムは、VPネットワーク内でASP型システムにて運用を行います。専用のサーバーが不要のため導入コスト負担が小さく、システム保守メンテナンス費用も最小限となります。医療機関のさまざまなニーズにお応えするために、お客様ニーズを積極的に取り入れ、新たなシステム構築を行っています。

医療材料管理システム

医療材料は、アイテム数だけでなく使用部署や使用スタッフなども多岐にわたることから、物品管理が複雑になります。エア・ウォーターのSPDシステムは、発注から在庫管理、配送管理、消費まで一元管理が可能です。
SPDセンターから供給するすべての医療材料は、配置から使用されるまでロット・有効期限の管理を行います。特定保険医療材料には識別シールを貼付し、医事課への使用伝達に活用することができます(医事コード印字可能)。また、医療材料実勢価格データベースで施設間のベンチマークも可能です。

運用形態

医療材料の管理については、さまざまな形態に対応可能です。配送ルート、作業スペース、導入費用、ランニング費用等を考慮し、最適運用をご提案いたします。

医療材料物流の導入イメージ

医療材料物流の導入効果

<導入例1>
院外供給・調達代行型
  • 院内スペースの有効活用、在庫負担軽減
  • 他施設使用分とのまとめ発注による調達コスト削減(共同購入)
  • 在庫負担軽減によるキャッシュフロー改善
  • 施設間在庫転用による医療材料期限切れ防止
  • 医療現場が医療に専念できる環境づくり
<導入例2>
院内供給・調達代行型
  • タイムリーな納品、迅速な対応
  • 在庫負担軽減によるキャッシュフロー改善
  • SPD業者、仕入先とのやり取りを可視化
  • 医療機関、仕入先、SPD業者間の連携強化
<導入例3>
院内供給・管理型
  • 材料費と管理費を別々で評価
  • 納品不具合等の責任所在が明確
  • 医療機関で管理システムを自由に選択
  • 弊社は物流業務効率アップに専念

医療機器管理サービス

医療機器管理システムを用いて医療機器の払出から回収までを一元管理します。機器台帳の管理により、1台ずつの使用回数が把握できます。また、定期点検スケジュール管理、修理履歴の保存が可能です。

導入効果

  • 臨床工学技士の窓口業務軽減
  • 使用回数把握による消耗管理
  • 医療機器点検記録作成による医療安全の向上
  • 医療機器の所在管理、未使用機器の可視化
  • 計画的な定期点検、更新時期の把握

滅菌物管理

受託滅菌(院内・院外)の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

手術室業務支援管理

手術室内の使用環境の先々まで細やかに補充管理を行います。DPC(包括評価制度)導入施設の多くは、手術室での収益改善策として手術室業務標準化により効率性を高める策を講じる事があります。
こうした中で、エア・ウォーターは手術室業務支援管理をお客様病院に提案しています。術前・術中・術後の業務内容を調査・分析し、医師や看護師等の医療スタッフでなくても実施できる業務の整理(業務棚卸)、各工程の業務手順のマニュアル化・標準化を行うことにより効率性を高める事ができます。また、手術場の術間清掃支援により空き時間を短縮し手術件数の増加、並びに手術スタッフの残業時間削減を可能にします。手術症例別準備リスト・棚番を整理し、業務の「見える化」および誰でも「できる化」を行うことで、準備時間短縮・手術室業務の標準化も同様に可能にします。術後の使用材料、未使用材料の整理、棚戻しも行うことにより、症例毎に取り揃える材料の精査ができ、医療材料コスト集計に役立てます。

導入効果

  • 手術室スタッフの業務軽減
  • 手術場の衛生環境維持
  • 手術場医療材料在庫の適正化
  • 手術受け入れ体制強化、術室稼働率向上
  • 手術毎の材料原価計算
  • 院内滅菌と併せて導入することによって、より効率的な業務支援が可能となります。

製品・技術・サービスに関するお問い合わせはこちら