スペシャルコンテンツ水・環境ソリューション

#12循環型社会へ豊かな可能性を秘めた建築素材
木材・プラスチック複合再生材料「エコロッカ」

エア・ウォーターグループのエア・ウォーター・エコロッカ株式会社では、「廃木材」と「廃プラスチック」を原料とし、木とプラスチック両方の特性を活かしたデッキ材やルーバー材を製造しています。人と環境にやさしい安心な建築素材として、皆様の身近な公共施設や商業施設などで使用されています。

あたたかい暮らしを新たな技術革新によって支え続ける

エコロジー建材「エコロッカ」は、廃木材と廃プラスチックを 複合リサイクルして製造した天然木の風合いを持つ木質系の新素材です。耐久性・耐水性・遮熱性に優れているほか、小さなトゲやささくれが発生せず、小さなお子様やペットにも安心です。環境負荷の低減と独自の機能性をテーマとして追求し続けた結果、アメリカ、フランス、スペインなど全世界へと販売範囲を広げ、近代建築に木のぬくもりを与えています。

原料粉砕から完成品までの一貫製造ライン

エコロッカの特長は、使用済みのエコロッカ製品を粉砕して再び製品として再利用できる循環型ビジネスモデルを確立していること。SDGs12の「つくる責任、つかう責任」と重なり合う、ビジネスモデルそのものが、資源循環社会の構築に貢献しているのです。

豊かな自然を感じさせてくれる森林や木々。廃木材を再び使い循環をつくる一連の取り組みは、SDGs15「森の豊かさを守る」につながります。私たちは、そのぬくもりをいつまでも感じることができるよう、技術を磨き、お客様の要望に応え、さらによい製品を生み出していきます。循環型社会に貢献する未来がここから広がっています。

関連ページ

スペシャルコンテンツ 最新記事

スペシャルコンテンツ一覧ページに戻る