スペシャルコンテンツクリーンエネルギーソリューション

#07お客様とともに地球環境を変えていく
工場で使用するエネルギー転換の取り組み

エア・ウォーターでは、全ての事業活動で温室効果ガスの排出を抑制し、脱炭素社会の実現に貢献することを目指しています。同時に、あらゆるガスのスペシャリストとして、お客様のエネルギー供給全般にかかわるソリューションサービスを展開しています。

脱炭素社会の実現に向けた取り組みの第一歩は省エネ

国が定めたエネルギー基本計画(2014年4月)では、世界全体の温室効果ガス排出削減に向けては、『既に高い省エネルギーを達成している産業部門を中心として、省エネルギー効果の高い設備への更新を進める必要がある』とされており、産業界全体でエネルギー消費量を抑えていくことが求められています。

こうしたなかエア・ウォーターでは、お客様の工場の主燃料を、重油や灯油から「LPガス」や「LNG(液化天然ガス)」へ転換する取り組みに注力してきました。LPガスやLNGは、二酸化炭素や硫黄酸化物などの温室効果ガスの排出が少なく、かつ燃焼効率の高いエネルギーです。お客様にとって最適なエネルギー供給を通じて、SDGsの「気候変動に 具体的な対策を」に重なる取り組みを積極的に進めています。

エネルギーのベストミックスを通じて、お客様に合った省エネをプロデュース

地球環境への配慮は、いまや企業活動のスタンダードです。世界的にも、低炭素社会への実現に向けて、従来の液体燃料依存型の社会から、クリーンなガス体エネルギーヘの転換が始まっています。
LPガスの大きな特長は、分散型のエネルギーであることです。個別供給ができ、バルク貯槽やガスボンベなど多様な充填容器での備蓄・供給が可能なため、緊急災害時に強く、インフラも他のエネルギーに比べ早く復旧されます。近年相次ぐ自然災害の際には、その対応力の高さがあらためて注目されました。
また、メタンを主成分とするLNGは、硫黄酸化物や煁塵をほとんど排出しないため環境負荷が低く、空気より比重が軽く拡散しやすいため、爆発などの危険性が低く、一酸化炭素中毒を起こす心配も少ない、安全なエネルギーでもあります。
長年の事業経験で培ったノウハウや技術を組み合わせ、ガスのもつ特性を活かした最適なエネルギーの安定供給を通じて、お客様とともに脱炭素社会の実現に向けて一歩ずつ取り組みを進めています。

関連ページ

スペシャルコンテンツ 最新記事

スペシャルコンテンツ一覧ページに戻る