CAREER新人研修

mainimage

エア・ウォーターの新入社員研修

ものづくりの最先端から命を支える医療、
さらには農業や海水にいたるまで多彩な事業を展開するエア・ウォーター。
仕事を進めていく上では専門的な知識や高いビジネススキルを求められることもあります。
いざ入社を想像したときに期待の一方で不安も大きいかもしれませんね。
ここでは実際に入社後どのように研修が行われ学んでいくのかについて簡単にご紹介します。

新入社員合同研修
step020
研修期間
約2週間
研修地
大阪本社
座学研修では会社に関する基本的な事項からビジネスの世界で必要な知識・スキルまで幅広いことを身に付けていただきます。
会社に関しては社内の諸制度からコンプライアンス、会社インフラにいたるまでエア・ウォーターで働いていくための基礎的な事柄をインプットしていきます。その上で、「経営理念」「経営戦略」をはじめ、グループ全体の事業内容や目指す方向性などについて学ぶことで、エア・ウォーターの社員として持つべき考え方やマインドを醸成していきます。
また、ビジネス研修として、社会人に必要なビジネスマナーや仕事の基本的な進め方、ビジネスにおける必要な思考・スタンスについても学びます。エア・ウォーターグループの入社同期生とともに、講義やワークショップ、ディスカッションを通じて、一企業人としての基礎的なスキル習得を目指します。
新人研修の概要
導入研修
  • 就業規則説明
  • 人事制度説明
  • コンプライアンス説明
  • 労働組合説明
ビジネス基礎研修
  • グループ合同研修
  • 財務理解ワーク
事業理解研修
  • カンパニー/部署説明
  • 社史研修
  • 経営理念理解研修
  • 拠点見学
語学研修
  • 英語プレゼン研修
  • English Challenge(夏季)
  • English Challenge(冬季)
現場実習研修

事務系

step02
研修期間
1~2か月
研修地
全国
事務系採用の新入社員は、「地域事業会社」と「管理・コーポレート部門」のそれぞれで実習研修を行います。
この実習を通して座学で学んだことを実際の現場で生かすトレーニングを行うとともに、座学だけでは学ぶことが出来ない実際の現場の仕事やお客様、事業の内実について体験的に学んでいきます。
地域事業会社実習
地域事業会社実習
「地域事業会社」は全国の営業拠点であり、お客さまに産業ガスをはじめ様々なエア・ウォーターグループの商材・ソリューションを提案・提供する最前線の組織としてエア・ウォーターを支えています。
また、地域ビジネスを統括するための拠点としてはもちろん、ガスの充填・配送を行う充填所としての機能まで備えています。
実体験を通してガスや設備・事業に関する基本的な知識を身に付けてもらうとともに、最前線組織でないと感じられない実際のお客様についても理解を深めてもらいます。
戦略・コーポレート部門実習
戦略・コーポレート部門実習
エア・ウォーターの本体もしくは各事業カンパニーにおける、事業戦略やコーポレートに関連する部門で実習を行います。実習先は年により異なりますが、マーケティング部門から広報・人事・経営企画まで多岐にわたります。 ここでは実際に各部門の一員としてミッションに取り組んでいただきます。業務を通して、研修で学んだビジネス基礎スキルを発揮・向上させながら、エア・ウォーターそのものや各事業に対する理解を深めてもらいます。

技術系

step020
研修期間
1~2か月
研修地
全国
技術系採用の新入社員は、「オンサイト工場」と「技術系部門」のそれぞれで実習研修を行います。
この実習を通して座学で学んだことを実際の現場で生かすトレーニングを行うとともに、座学だけでは学ぶことが出来ない実際の現場の仕事やお客様、事業の内実について体験的に学んでいきます。
オンサイト工場実習
研修テーマ01
「オンサイト工場」と呼ばれる大型の産業ガス製造工場での実習研修を行います。オンサイト工場は、お客さまのそばで大量のガスを製造してパイプラインで供給するだけでなく、全国のお客さまに外販する液化ガスをつくるなど、ガスビジネスの根幹とも言うべき役割を果たします。
ここでは、産業ガスの運転・生産管理を中心とした、製造管理技術を学ぶことになります。生産活動は研究開発とも深い結び付きを持つことから、技術者として必須とも言うべき基礎知識を学んでいくことができます。
技術系部門実習
研修テーマ02
エア・ウォーターの本体もしくは各事業カンパニーにおける、技術系部門で実習を行います。実習先は年により異なりますが、総合開発研究所を始めとした研究系部門から事業活動や戦略に強く紐づいた事業系技術部門まで多岐にわたります。
ここでは実際に各部門の一員としてミッションに取り組んでいただきます。業務やレクチャーを通して、研修で学んだビジネス基礎スキルを発揮・向上させながら、エア・ウォーターのコア技術そのものや技術が同事業に応用されているのかについて理解を深めてもらいます。
本配属

事務系

管理系

管理系

営業系

営業系

事業戦略系

事業戦略系

現場実習を経て、本人の希望や適性、組織ニーズを踏まえ正式配属します。
事務系採用の場合は、主にグループの中枢機能としての役割を果たす「管理系」として本社や支社、営業現場の最前線で活躍する「営業系」として地域事業会社、事業部門を統括する「事業戦略系」として事業部門のうち、いずれかに配属されることになります。

技術系

研究開発系

製造技術系

管理系

管理系

管理系

営業系

管理系

事業戦略系

現場実習を経て、本人の希望や適性、組織ニーズを踏まえ正式配属します。
技術系採用の場合、技術開発を行う「研究職」として研究所や、製造管理・改善を行う「技術スタッフ」として工場、プラントの設計・製造などを行う「エンジニア」としてグループ会社などへの配属となります。また、理系ならではの技術的な知識が生かせる分野で、「技術営業」や「事業スタッフ」などを担当していただく場合もあります。

※ 研修内容については年により異なる場合があります。