当社グループは、AI画像解析技術を利用してドローン空撮画像から人やモノを検出できる「被災状況調査分析システム」を開発、ドローン機体の販売と併せて、自治体・消防当局向けに防災訓練や実運用までも包括的に支援する「防災ドローンソリューション」として、9月1日より本システムの販売を開始しますので、お知らせいたします。
「防災ドローンソリューション」の提供を通じて、被災地における人命救助、行方不明者捜索、被災者支援にかかる自治体・消防当局の迅速な初動対応や、復旧活動に貢献してまいります。

ドローン及び被災状況調査分析システムを使用した被災地と遠隔地(対策本部等)との連携イメージ

1.販売開始の経緯

当社グループのセブントゥーファイブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石井 克幸、以下「セブントゥーファイブ」)は、ドローンによるインフラ・プラント点検やスマート農業の実用化に向けた支援など、ドローン関連サービスを展開しています。

近年、地震や台風、大雨による洪水などの自然災害が相次ぐ中、被災状況の迅速な把握が課題となっています。また、2022年の航空法改正により、市街地など有人地帯上空における目視外飛行が可能になることでドローンを活用する機会が大幅に拡大することが見込まれています。

このような状況において、セブントゥーファイブは、AI画像解析技術を利用してドローン空撮画像から人やモノを検出できる「被災状況調査分析システム」を新たに開発。国内メーカーと共同開発したドローン機体と併せて、ドローンの飛行操作を含む防災訓練、本システムを実際に運用していくためのルール作りなどを含めた自治体・消防当局向けの「防災ドローンソリューション」として提供を開始します。また、今後、複数のドローンの管理機能など本システムの改良を進めるとともに、消火設備や空気呼吸器などを開発・製造する当社グループのエア・ウォーター防災㈱と連携し、全国各地の自治体・消防当局の防災対策を支援してまいります。

2.「被災状況調査分析システム」の概要


本システムは、ドローンの飛行を管理し、飛行中に撮影した画像をAI解析することができます。システムの機能については以下の通りです。

(1)AI画像解析機能
事前にブルーシートや人などの検知させたい対象をシステムに学習させることで、飛行中に撮影した画像から対象の有無についてAI解析できます。解析結果はPCで表示する本システム画面の地図上にマッピングされます。
 

空撮画像から、検出対象のブルーシートを検知<br/>なお、システムバージョンのアップデートにより実際の画面と画像が異なる場合がございます。
拡大
空撮画像から、検出対象のブルーシートを検知
なお、システムバージョンのアップデートにより実際の画面と画像が異なる場合がございます。

(2)ドローンの運航履歴・飛行軌跡の記録
飛行履歴が一覧で表示され、地図上に飛行時の軌跡が赤い線で表示されます。複数の飛行履歴を選択し地図上に軌跡を表示することも可能です。

ドローンの飛行ルートの記録
拡大
ドローンの飛行ルートの記録

(3)ドローンで撮影した映像のリアルタイム配信
ドローンで撮影した映像は、本システムを起動しているPCでリアルタイムに閲覧できます。
 

3.「防災ドローンソリューション」の概要

「被災状況調査分析システム」に加え、以下の内容が含まれています。
(1)災害対策用ドローン
防災用途に最適な軽量かつ高剛性のドローン機体
(2)防災訓練の実施サポート
災害発生後、迅速にドローンを活用するための操作トレーニングやルール作りを支援
(3)実運用に向けたコンサルティング
ドローン運用体制の構築や重要施設の3Dモデル化、災害対策用オルソ画像(空撮した画像を一つにつなぎ合わせ、真上から見たように被写体の位置や大きさを正確に表示した画像)の制作等
 

以上

【ニュースリリースに関するお問合せ先】
エア・ウォーター株式会社 広報・IR部 E-mail:info-h@awi.co.jp
担当(大阪):中井・石井 TEL:06-6252-3966 〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目12番8号
担当(東京):福島・鷲見 TEL:03-3578-7804 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番19号

【製品・サービス・販売に関するお問合せ先】
セブントゥーファイブ株式会社 ソリューション営業部 E-mail:info@seventofive.co.jp
担当:番匠 TEL:03-6205-6190 〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目1番10号
ホームページ:https://seventofive.co.jp/