二酸化炭素を原料とした新しいガスプロセス技術

H2/COガス発生装置は、水素ガス発生装置「VH」で開発した熱中和型改質触媒を利用したCO2改質型のガス発生装置です。天然ガス、二酸化炭素、酸素を原料としてH2/CO=1:1の混合ガスを発生する装置であり、熱処理メーカー等にガス供給をしています。H2/COの比率は原料に水蒸気を加えることで約1~4の範囲で任意に調整することが可能です。

 

更にH2/COガスを「特殊吸着剤を採用したガス精製プロセス」において精製し、高純度一酸化炭素としてオンサイト供給することも可能です。
長期間安定的に高純度の一酸化炭素を製造する技術を確立し、環境負荷低減型の水素・高純度一酸化炭素併産プロセスを実現しています。

特長

・CO2改質反応における従来の課題であったカーボン析出を克服し、長期間の安定運転が可能
・H2/COガスの比率は約1~4の範囲で任意に調整可能
・H2/COガスを、特殊吸着剤を用いて精製し高純度の一酸化炭素を高効率で発生可能
・高純度の一酸化炭素を発生する際に副生される水素は、所定の純度まで精製することで水素を併産し、有効利用することが可能

用途

金属処理分野

  • 金属の還元剤

C1化学分野

  • 合成ガスやメタン、メタノールを原料に化学合成を行う有機工業化学の一分野

GTL分野

  • 天然ガスから化学反応によって製造されるナフサや灯油、軽油等の石油製品

DME分野

  • スプレー噴射剤のほか、ディーゼル燃料用途などが目されるLPガス代替エネルギー

システムフロー

原料:天然ガス・LPG 等の炭化水素、二酸化炭素、酸素
原理:燃焼反応CH4 + O2 → CO2 + 2H2 O
改質反応CH4 + CO2 → 2CO + 2H2 (CO2 改質)

環境負荷低減について

一酸化炭素発生装置は、二酸化炭素を有用な化学原料である一酸化炭素に変換可能な装置であり、産業分野における環境負荷の低減に貢献できます。また、金属熱処理業界において一般的に使用されている吸熱型変性ガス(商標:RX ガス)を原料とした一酸化炭素発生プロセスと比較して、二酸化炭素排出量を約50%削減することができます。