コーポレート・ガバナンス

ガバナンスの基本方針

当社は、社会的良識に従った公正な企業活動を行い、株主や顧客の皆様、地域社会、従業員等あらゆるステークホルダーから信頼されることが、企業の持続的発展と企業価値の最大化に不可欠であると考えています。そして、内部統制システムを含めたコーポレート・ガバナンスの充実は、ステークホルダーの信頼を獲得し、企業の社会的責任を果たすうえで、最も重要な経営課題であると認識しています。当社は、的確な経営の意思決定、それに基づく適正かつ迅速な業務執行並びにそれらの監督・監視が十分に機能する経営体制を構築するとともに、幅広い情報公開により経営の透明性を確保することにより、コーポレート・ガバナンスの充実を図っていきます。

  • 当社は、持続的成長を叶えていくためには、社会的良識に従った公正な企業活動が最も重要と考えており、その根幹を支える企業統治の強化に取り組んでいます。
  • 当社は、株主の権利を尊重すると同時に、株主に対する受託者責任と説明責任を履行します。
  • 当社の取締役会は、当社グループの業務に精通した社内取締役と、社外で豊富な経験と知見を有する独立社外取締役を複数選任し、取締役会全体としてのバランスや多様性が当社にとって最適な形で確保されるよう努めています。
  • 当社は株主をはじめとするステークホルダーとの建設的対話や意見交換などに努めます。
  • 当社は、M&Aを原動力に発展し、グループを拡大してきた中で、多様な企業風土を受け入れながら、規律あるグループ経営を行っています。

組織形態

監査役会設置会社

体制図

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンス報告書(2019年7月3日) (436KB)

更に詳しい内容はESGサイトをご覧ください