化学物質・大気汚染物質の適正な管理

化学物質の製造量、輸入量や排出量を適正に把握すると共に、化学物質を扱う従業員がそのリスクを正しく理解することにより管理レベルの向上を図っています。

化学物質の製造量・輸入量

エア・ウォーターグループは、化学物質のリスク管理のため化学物質の製造量と輸入量を把握しており、化審法に基づき国に製造量と輸入量の届出をしています。2015年度はケミカル関連の新しいグループ会社を集計範囲に追加したため、化学物質の製造量が増加しています。

化学物質の製造量および輸入量

化学物質の排出量・移動量

エア・ウォーターグループは、化学物質の排出量と移動量を把握しており、化管法に基づき第1種指定化学物質を1t以上取り扱う事業者は国に排出量と移動量の届出をしています。
2015年度はケミカル関連の新しいグループ会社を集計範囲に追加したため、化学物質の排出量・移動量が増加しています。また、2018年度はPRTR物質が産業廃棄物として出る生産品目が増加したため、移動量が増加しています。
排出量・移動量のうち敷地外への移動量が92.9%をしめていますが、産業廃棄物の処理業者へ委託したものです。そのほか大気への排出量が6.9%、水域への排出量が0.2%となっています。

第1種指定化学物質(PRTR物質)の排出量・移動量(t)

PRTR物質の排出量と移動量の割合