海水関連事業

新事業への取り組み

四国水族館完成予想図

四国水族館への出資・提携

日本海水は、「海水産業のパイオニア」となるべく、事業領域を拡大しております。日本海水は、讃岐工場のある坂出市で、2020年に開業する四国水族館へ出資し、水族館事業に参入いたしました。企業認知度の向上を図るとともに、人工海水の拡販や環境ビジネスの拡大に努めてまいります。

日本海水展示ブースのイメージ

人工海水

四国水族館は海に面しているため、日本海水の人工海水は調整用として使用される予定ですが、今後、都市型水族館への人工海水の販売を目指します。

環境ビジネス

四国水族館には、沈殿した砂を集めるため、アクアインテック(株)のエジェクタ式集砂装置の導入が検討されています。
アクアインテック(株)の高度な技術は高く評価されており、他の水族館への展開も期待されています。

商材PR・拡販

出資会社として、土産物売場で優先的に製品を販売できることを強みに、讃岐工場の製品を「ご当地土産物」として販売する予定です。また、来場されたお客様が魚に与える「餌」にマリンテック製品を使用していただくことで、企業認知度も高めていきます。