海水関連事業

電力事業

電気と蒸気を有効活用した木質バイオマス発電

製塩工程では、くみ上げた海水を大量の電気と蒸気により濃縮し、塩の結晶を作るため、各工場では発電設備を保有しています。赤穂工場では、発電設備の老朽化に伴い、2015年に石油コークス焚から木質バイオマス・天然ガス融合型のコージェネレーションシステムへと更新しました。発電の過程で発生する蒸気と電気を自社工場で有効活用するとともに、一部の電力を外販しています。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の適用最大化と環境面での社会貢献を最優先に考え、燃料を従来の石化燃料(PC炭)から木質バイオマス、天然ガスへ転換することにより、年間17万tのCO2排出量削減を実現しました。さらに、大量の木質チップを継続的に使用することで、近隣地域の林業の振興発展に寄与し、雇用の拡大にも貢献しています。

第1バイオマス発電所

形態:木質バイオマス専焼発電
発電能力:約16.5千KW
運転開始:2015年
さらに、赤穂工場では、2020年度上期の営業開始を目指し、第2バイオマス発電所を建設しており、電力事業をさらに強化します。

木材粉砕の様子

関連ページ

  • 株式会社 日本海水