ケミカル関連事業

キノン系製品

キノンを中心とした新規機能材の開発に注力

キノン系製品は多環式芳香族で、酸化還元・生理活性・難燃耐熱・光吸収・ラジカル補足などのユニークな特性を有しており、この特性を活かした新規誘導品の展開を進めています。川崎化成工業(株)は、ナフトキノンをはじめとしたキノン系製品の総合的な事業化に世界で唯一成功しています。

キノン系製品

川崎化成工業(株)は、得意とする酸化技術を駆使して、ナフタリンの酸化反応中間体であるナフトキノンを高純度でかつ高収率で製造できる触媒とプロセスを自社開発し、量産化に成功しました。このナフトキノンを原料として、高度な合成技術力を用い、ナフタレンやアントラセン骨格をもつ多環式芳香族系の機能材料である新規キノン誘導品の開発・創製を行っています。

ナフトキノン

ナフトキノンは、様々なキノン誘導体のベースであり、商業生産は世界で唯一、川崎化成工業(株)のみが行っています。生理活性の特性を活かして、農作物をハダニなどの害虫やカビから守る農薬や殺菌剤の中間原料として使用されるほか、難燃性エポキシ樹脂原料、脱硫触媒、過酸化水素触媒などの幅広い分野で使われています。

ナフトキノンの詳細についてはこちら
(川崎化成工業のホームページへ)

パルプ蒸解助剤

パルプ蒸解助剤SAQ®は、木材から紙の原料を効率良く取り出す薬剤として使用されています。製紙工場におけるパルプの収率向上および木材チップの節減を通じ、エネルギー節減や森林資源の保護、CO2の削減に寄与しています。

SAQの詳細についてはこちら
(川崎化成工業のホームページへ)

光増感剤

光増感剤アントラキュアー®シリーズは、UV重合開始剤が働きにくい長波長域のUV光を吸収し、硬化速度や硬化物特性の向上を実現するUV増感剤です。他剤に無い400nm付近の特異的な長波長UV吸収域を持ち、LEDやレーザーなどの長波長UV光を光重合に活用できます。

アントラキュアーの詳細についてはこちら
(川崎化成工業のホームページへ)

重合禁止剤

重合禁止剤キノパワー®シリーズは、従来の単環芳香族系の重合禁止剤とは異なり、酸素(空気)の存在しない系でも優れた重合禁止効果を発揮します。

キノパワーの詳細についてはこちら
(川崎化成工業のホームページへ)

関連ページ

  • 川崎化成工業株式会社