農業・食品関連事業

最新情報 2021年

2021年02月26日

  • お知らせ

エア・ウォーター十勝食品㈱ ハンバーグとして初の「宇宙日本食」認証を取得しました

当社グループの食品加工会社、エア・ウォーター十勝食品株式会社(以下、AW十勝食品)が製品開発に参画し、有限会社十勝スロウフード(以下、十勝スロウフード)が開発したレトルトハンバーグ「北海道産牛肉とミニトマトのハンバーグ」(商品名:コスモバーグ)が、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 (JAXA) により2021年1月18日付で「宇宙日本食」として認証されましたのでお知らせいたします。

ハンバーグキャプチャ.PNG
AW十勝食品は「宇宙のまちづくり」を標榜し、ロケットの打ち上げで知られる北海道大樹町に隣接する更別村で、道内でも有数の畑作地帯である十勝産の良質な農産原料などを元に、レトルト食品や缶詰、冷凍食品を製造しています。

北海道十勝地区では「宇宙日本食」の開発に、北海道十勝総合振興局、北海道中小企業家同友会とかち支部、帯広地域雇用創出促進協議会、とかち財団、地元企業が連携し取り組んでいます。2018年より、十勝スロウフードとAW十勝食品は「宇宙でも日本製のお肉料理が食べたい」という日本人宇宙飛行士の要望に応え製品開発に着手。AW十勝食品の長年培ったレトルト加工の技術・ノウハウを製品開発に活かし2020年8月に「Pre宇宙日本食」の認証を取得。最終審査を経て、このたび本認証を取得し、今春にも星出彰彦宇宙飛行士の携行品として国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されることが決定いたしました。

「北海道産牛肉とミニトマトのハンバーグ」は有限会社十勝スロウフードが製造するハンバーグをAW十勝食品がトマトソースを加えレトルト加工し製品化したもので、原材料の約90%が北海道産です。

商品概要


名称:北海道産牛肉とミニトマトのハンバーグ(商品名:コスモバーグ)
原材料:牛肉、ミニトマト、玉ねぎ、鶏卵、パン粉、食塩、香辛料
ソース〔ミニトマト、玉ねぎ、オリーブ油、でんぷん、ニンニクペースト、香辛料、食塩〕(一部に卵、小麦、牛肉を含む)
殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
内容量:95g
製造元:有限会社十勝スロウフード

宇宙日本食とは


国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在を予定している日本の宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的なストレスを和らげ、ひいては仕事の効率の維持・向上につながることを目的として開発されたものです。食品メーカーが提案する食品をJAXAが制定している認証基準と照らし、基準を満たしている場合に「宇宙日本食」として認証されます。常温で1.5年以上の保存性や厳しい衛生基準、食品の官能評価(美味しさ)をクリアすることが条件です。日本の伝統的な和食に限定するものではなく、米飯や麺類、カレー、魚料理、お菓子、飲料など47品目(2021年2月1日時点)が認証を取得しています。

<会社概要>


■有限会社十勝スロウフード
所在地:北海道上川郡清水町御影499−8
代表者:代表取締役 藤田 惠
設 立:2003年2月
事業内容:食肉加工および販売

■エア・ウォーター十勝食品株式会社
所在地:北海道河西郡更別村字更別194番地5
代表者:代表取締役社長 東 勝巳
設 立:2016年8月
事業内容:冷凍食品、缶詰、レトルト食品の製造・販売および冷凍野菜の加工・販売

一覧に戻る