研究開発

研究開発体制

総合開発研究所

総合開発研究所は、当社グループ全事業に向けた技術開発及び知的財産のサポートを行います。松本と堺の研究所をメインに、研究開発テーマの内容にあわせてフレキシブルに対応する組織を目指し、高付加価値技術のさらなる高度化を推進していきます。

組織図

 
松本研究所
■研究所概要

松本研究所は、エア・ウォーターグループの研究活動において中核的な役割を担っています。ガスアプリケーションやエレクトロニクス・素材関連など、基幹技術から新規技術までさまざまなテーマに取り組むとともに、グループ全体の技術統括や知的財産管理についてもカバーしています。

■研究テーマ
ガスアプリケーション技術
エレクトロニクス材料、機能性樹脂材料
医療用ガス技術
主な研究開発技術
  • 半導体基板開発「パワー半導体用機能性薄膜(SiC,GaN)」
  • 大気圧プラズマ発生装置
  • パルスチューブ冷凍機「GLOPUL」
  • 機能性素材「LIB、LIC、DLC用電極材」
  • 一酸化窒素製剤「アイノフロー」
  • その他新規事業支援技術開発
 
堺研究所
■研究所概要

堺研究所では、ガスプロセスをはじめとする「産業ガス」に特化した研究開発を行っています。「V1」や「VSU」に代表される深冷空気分離技術や、ガス回収・リサイクル技術など、エア・ウォーターが全国的に展開する産業ガスビジネスの技術発信拠点となっています。

■研究テーマ
ガスプロセス技術
ガスアプリケーション技術
ガス回収・リサイクル技術
主な研究開発技術
  • 深冷空気分離技術「Vシリーズ」「VSUシリーズ」
  • PSA式酸素ガス発生装置「VPシステム」
  • 水素ガス発生装置「VH」
  • ガス回収・精製技術
  • 液化ガス用遠心ポンプ「VCPシリーズ」
 
尼崎研究所
■研究所概要

尼崎研究所では、エア・ウォーターNV(株)と連携して、「NV窒化プロセス(ガス活性化処理)」による金属表面処理技術の高度化に特化した研究取り組みを行っています。

■研究テーマ
金属表面処理技術
主な研究開発技術
  • NV表面処理(ガス窒化・浸炭による金属表面処理)
 
産業カンパニー市場開発部
■市場開発部概要

産業カンパニー市場開発部では、ガスアプリケーション技術の導入によるお客様プロセスの効率化提案や、半導体成膜用材料ガスのプロセス評価提案など、「産業ガスの有効利用による技術ソリューション」を基本方針とした市場開発を行っています。

■開発テーマ
ガス発生装置
ガスアプリケーション製品
エレクトロニクス材料
主な市場開発技術
  • コージェットバーナー/DOCバーナー
  • ドライアイススノー精密洗浄システム「QuickSnow」
  • 液化窒素利用技術(工業・食品)
  • 半導体成膜用材料ガス
 
ケミカルカンパニー市場開発部
■市場開発部概要

ケミカルカンパニー市場開発部では、炭素材の材料評価・製品開発や、電子材料用機能樹脂の開発、自社合成プラントによる各種ファインケミカルの受託製造を展開。高度なケミカル技術と保有設備を生かして、お客様のニーズに応じた最適なソリューション提案を行っています。

■開発テーマ
炭素材
ファインケミカル(医薬・電子材料)
主な市場開発技術
  • 熱膨張性黒鉛「TEG」
  • 医薬原料・医薬中間体
  • 難燃剤「モエヘンZ」
  • 電子材料用機能樹脂
  • 炭化水素樹脂「FR」
 
医療カンパニー市場開発部
■市場開発部概要

医療カンパニー市場開発部では、医療用ガス・医療機器の技術開発を推進しています。独自の一酸化窒素製剤「アイノフロー」の臨床研究や在宅向け酸素濃縮器「OXY」の性能改良など自社製品の販売強化に加えて、海外技術・製品の導入にも積極的に取り組んでいます。

■開発テーマ
医療用ガス(ガス性医薬品)
医療機器
主な市場開発技術
  • 在宅医療機器
  • 高気圧酸素治療装置
  • 新生児医療機器
 
生活・エネルギーカンパニー市場開発部
■市場開発部概要

生活・エネルギーカンパニー市場開発部では、新しいエネルギーシーンに向けた製品開発・提案を推進しています。国内初となるLPガス仕様の移動電源車や、日本最大級のLNGタンクローリーなど、独自の技術・ノウハウを生かした商材を販売展開しています。

■開発テーマ
LPガス関連機器
LNG(液化天然ガス)関連機器
エネルギーソリューション技術
主な市場開発技術
  • LPガス仕様 移動電源車
  • LNG輸送・貯槽機器
  • バイオマス・自然エネルギー利用技術