バーチャル研修室

読んで体験、エア・ウォーターの新入社員研修

ガス・素材が会社の大きな部分を占める私たち。皆さまが仕事をしていく上で、知識が求められるシーンも少なくありません。「文系だけど大丈夫?」「どんな仕事をするの?」「理系はみんな研究職?」など、採用への期待と不安も大きいことでしょう。「バーチャル研修室」では、入社後の研修カリキュラムのご紹介を通して、皆さまの疑問にお応えします。

  • 事務系採用の場合
  • 技術系採用の場合

STEP-1 新入社員合同研修

研修期間 1週間 研修地 大阪本社

まず基礎研修として、会社組織の「制度」「規則・コンプライアンス」について体系的に学習します。その上で、エア・ウォーターグループ社員として最も大切な「経営理念」「経営戦略」をはじめ、グループ全体の事業内容や目指す方向性などについて学ぶことで、エア・ウォーターの企業マインドを確認していただきます。
また、ビジネス研修として、社会人に必要なビジネスマナーや仕事の基本的な進め方についても学びます。エア・ウォーターグループの入社同期生とともに、講義やグループワーク、ディスカッションやリフレクションを通じて、配属先や職場環境にかかわらず、自主・自立できる一人の企業人としての基礎習得を目指します。

STEP-2 地域事業会社研修

研修期間 3ヶ月間 研修地 全国

事務系採用の新入社員は、「地域事業会社」と呼ばれる全国の営業拠点での実習に移ります。地域事業会社は、お客さまに産業ガス・医療用ガスを供給するための最前線の組織としてエア・ウォーターを支えています。
ここでは、日々の販売活動など地域ビジネスを統括するための拠点としてはもちろん、ガスの充填・配送を行う充填所としての機能まで備えており、「営業・管理」に関するあらゆる基礎知識を学んでいくことができます。

1ヶ月目 研修テーマ「産業ガスの製造・保安・配送」

産業ガスは、使い方次第で便利にも危険にもなります。たとえば、酸素は火災事故を、窒素は酸欠事故を引き起こす恐れがあり、保安管理には正しい知識と細心の注意が求められます。したがって、こうした事故や災害を未然に防ぐべく、まずは基礎の基礎として、産業ガスの物性や用途をはじめ、製造設備、安全保安規則、遵守すべき法令などを、入門座学を通して学びます。
また、こうした基礎知識を踏まえ、実際の充填所で、ガスシリンダー充填や液化ローリーでのガス配送などについても、OJT方式にて体験学習します。

2ヶ月目 研修テーマ「産業ガス事業の実践体験」

産業ガスの基礎研修を終えると、いよいよ実際のお客さまへ産業ガスや関連機器を販売していくための、より実践的な体験学習に入ります。
この研修過程では主に、先輩の営業マンと同行営業を体験することになります。「どんなお客さまが、どんな産業ガスや機器を、どう使っているのか」を、お客さま現場を通してしっかりと学んでいくことができます。
さらに、こうした取り組みのなかで学んだ知識を生かして、営業資料や売上管理データの作成など、まさしくビジネスの最前線にチャレンジしていきます。

3ヶ月目 研修テーマ「現場実習 2 (交代勤務)」

産業ガスの営業に関する体験学習をひと通り終えると、次は医療用ガスや医療機器など、医療事業に関する営業の実習に移ります。
医療用ガスが患者さまにもたらす効果や医療機器の正しい使い方など、まず安全・安心のための基礎知識の習得をめざします。同行営業では、実際に病院のお医者さまや看護師さまのご要望をお伺いしながら、最適なガス・機器の提案を行うなど、製品提案から納入まで一連の営業に取り組んでもらいます。生命の現場を支える大きな使命と責任を感じていただけることでしょう。

研修を終えて(先輩社員の声)

現場実習は具体的にどんなことをしましたか?
九州ブロックを管轄する地域事業会社である九州エア・ウォーター(株)で行いました。内容としては、①ガスの製造工場における工場実習、②産業ガスの営業、医療関連(ガス・機器)の営業、③社内管理業務の3つに取り組みました。
製造所の実習ではプラント原理の学習や運転員の方々との運転・点検・出荷作業を、営業実習では九州中の各営業所において主要なユーザーへの同行営業を経験しました。管理業務では、業績管理の資料作成補助や、経費や伝票の処理方法等を学びました。
いま振り返ってみてどうでしたか?
研修の最初の頃は、会社にまだ不慣れな中で九州中を飛び回っていたので、知識・経験が足らずに辛かった部分もありました。しかし、非常に多岐にわたる内容の研修だったので、常に新鮮な気持ちで実習に取り組むことができましたし、さまざまな職種の方々と関わったことで、仲を深めていく中で色々な仕事観を学ぶことができたので、本当に貴重な経験だったと思います。温かく迎えていただき、とても丁寧に指導してくださった先輩の方々には本当に感謝しています。
実習の経験が活かされていること、実習を経験したからこそ得られたこと
現在、私は九州と離れた大阪本社で働いていますが、数字だけを見て管理していては机上の空論になってしまうので、営業・製造の最前線でどのようなことが行われているのかをイメージできるのとできないのとでは、まったく大きな違いがあると感じています。また、九州中のエア・ウォーターグループ社員の方々と関わり、良い関係を築くことができたのは、これから会社生活を送ってい上での大きな財産になったと思います。

エア・ウォーター株式会社 経営企画部 峯坂 宏幸

STEP-3 本配属

  • 管理系
  • 営業系
  • 事業戦略系

現場実習を経て、本人の希望や適性、組織ニーズを踏まえ正式配属します。
事務系採用の場合は、主にグループの中枢機能としての役割を果たす「管理系」として本社や支社、営業現場の最前線で活躍する「営業系」として地域事業会社、営業部門を統括する「事業戦略系」として事業部門のうち、いずれかに配属されることになります。