若手社員インタビュー

産業ガス 2009年入社 ガスでつくるお客様の満足が次への挑戦につながる エア・ウォーター(株)産業カンパニー プラントガス部  中垣 麗子

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

実家近くのよく通る道に液化窒素を製造するプラントがあり、以前からあの大きいプラントはどういったもので、何に利用されているのだろうと疑問を抱いており、そんなところから産業ガスに小さな興味を持っていました。そして就活活動の時期になり会社研究を進めていく上で、産業ガスはあらゆる業種に必要不可欠で、産業を根底から支えている社会的な役割の大きさを知り、産業ガス業界で働きたいという決意を持ちました。
その中でもエア・ウォーターを選んだ理由は、やはり、ケミカルやエネルギーのような安定した事業に加えて、これから伸びてくるであるであろう、医療や福祉介護、食品などにも力をいれており、先見性があり変化に強い会社ではないかと思ったからです。

現在はどんな仕事を担当していますか?

エア・ウォーターの主力事業であるガス発生装置を拡販する仕事を行っています。実際にお客様を訪問しガスの使用条件(流量、圧力、純度、時間、用途、設置場所等)のヒアリングを行い、最適な発生装置の提案をします。ガス使用量が一定でないお客様に対して、ガスの使用パターンに合わせたシミュレーションを行い最適なガス発生装置を提案したり、価格折衝や契約内容の刷り合わせといった交渉ごとも大事な仕事の一つです。ガス発生装置が完成した後は試運転を行い、性能を確認したうえでお客様へ引渡します。その後万が一トラブルがあった場合のアフターフォローも行います。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

私が扱っているガス発生装置は規模が大きく、V1(窒素ガス発生装置)の小さいものでも高さ15mを越えるプラントとなっており、スケールの大きな仕事をしていると日々実感しております。それゆえ取引金額も大きいものになっており、受注に至るまでは何度も折衝が必要になってきますが、提案と交渉を何度も繰り返して受注できたときには非常に大きな喜びとやりがい感じます。自分が携わったガス発生装置のプラントが実際に建設され、それを見上げたときにも大きな感動を味わうことができます。

KEYWORD
「窒素ガス発生装置V1」
1984年、半導体メーカーに高純度窒素ガス発生装置V1を納入。寒冷源に製品窒素を使うという画期的な製造方法で大幅なコストダウンと安定供給を実現しました。新しいガス発生技術の開発が企業を脱皮させただけでなく、エレクトロニクス産業への窒素供給を根本から変えたプラントです。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

市場開発部に所属していた時の話ですが、自社の特殊材料ガスではお客様の要求水準を達成できず、他社材料に競り負けそうな時がありました。そこで特殊材料ガスではなく、お客様製品を製造する工程の一つである成膜プロセスの創意工夫に取り組んだ結果、要求値を達成することができました。
その結果、お客様に非常に喜んでいただくことができ、自分が取り扱う製品が、お客様方の量産機用材ガス料として内定しました。あと数日遅ければ、この結果は得られなかったことであり、大きな決断力を持って迅速に物事を進めることの重大さを再認識しました。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動というのは、会社が学生を快く迎えいれ、自社のことを丁寧に説明してくれるという、大変貴重な機会ですので、興味のある会社にどんどん訪問して納得のいくまで就職活動をして下さい。そしてその中で自分が何をしたいのか、なぜそう思うのかをよく自問自答して、その思いを面接官にぶつけて下さい。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、お客様や協力会社へメール、業界情報誌や新聞記事の回覧
09:30
上司と現在進んでいる案件の課題や進捗確認
10:00
エア・ウォーター・プラントエンジニアリングとガス発生装置の仕様打合せ
11:00
製造・品質管理部とガス発生装置の仕様打合せ
12:00
昼食
13:00
お客様への提案内容検討・コスト試算
15:00
お客様へのプレゼン資料作成
17:00
お客様と取り交す予定のガス供給契約書の内容確認
18:00
勉強会開催
19:00
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る