若手社員インタビュー

海外 2012年入社 学生時代からの熱意が叶いベトナム産業の発展の一端を担う エア・ウォーター(株) 海外事業部 ベトナム ホーチミン駐在事務所  内之宮 慧史

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

就活では「広く社会に貢献できるような仕事」と「海外で働くチャンスがある会社」という二つの軸で企業研究をしていました。エア・ウォーターグループには様々な事業分野があり、幅広い業種に貢献できると思いました。また、「今後は海外に力を入れていくので、海外に関心のある人が必要になる」と説明会や面接で人事担当の方が仰っていた言葉が私の希望とマッチしていたことが決め手となりました。実際に入社2年目でベトナム赴任のチャンスを頂くことになり、今はベトナムで勤務しております。

KEYWORD
「エア・ウォーター・ベトナム」
ホーチミン市の南東70kmに位置し、海外版の地域事業会社を目指してガス製造・販売および関連機材全般の販売を行っています。最新鋭のプラントで隣接する日系電炉メーカーへの酸素ガスパイピング供給を行うほか、日系企業はもちろん現地企業との取引も多いです。

現在はどんな仕事を担当していますか?

ベトナム南部で産業ガスの営業を担当しています。新規開拓及び既存顧客への営業活動の両方を行っており、販売先の会社は日系だけに絞らず現地企業や外資系企業も様々です。また、同業他社との差別化を図る為にも、ガスだけでなく関連商品の提案も行い「お客様にとって利便性の高い会社」を目指して営業活動をしています。その他、見積書等の書類作成、工事で使用する部品調達、現地スタッフへの指導なども行っています。現地の人とは社会的背景や習慣の違いから誤解が生まれやすいのですが、説明や指示をする際は例を挙げて話したり図や絵を用いてなるべく理解してもらえるよう心掛けています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

産業ガスの供給を通じてベトナム産業の発展の一端を担っているという点にやりがいを感じています。昔から多くの人に役立てるような仕事をしたいという思いがあったのと、大学時代のゼミで海外(特に途上国)に強く興味を持ったことから将来は途上国に貢献する仕事に就きたいと思っていました。私が現在担当する仕事は正に昔からの夢に通じる部分が有ると思っています。お客様の新しい工場で、当社のガスが使用されて作られた製品がベトナムの人の暮らしに役立たれることを想像すると、社会の根底を支える重要な仕事をしていると感じます。

KEYWORD
「ベトナムでの暮らし」
なんといってもバイクの多さとマイペースな運転に驚きます。公共交通機関が未発達で車が高級品であるためバイクが主流のベトナム。慣れるまでは信号があっても道路を渡ることができませんでした。異文化や現地の人と若いうちからふれあうことは、自分が磨かれ、今後の人生にとって大きな財産になっていきます。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

研修期間を経て富山県で本配属になったばかりの頃、仕事が思うように進まず周りにも迷惑をかけ続け悔しい思いをしていました。1か月が経ったある日、客先へ設備トラブルの謝罪対応に行った帰りの車中、上司から注意を受けていた際についムキになり言い返してしまいました。当然その場では叱られましたが、後日、「言い返すということは真剣に考えている証拠。その気持ちを忘れずに一生懸命頑張れ。」と言って頂きました。未熟さ故の私の過ちを責めることなく、むしろ懐の広い言葉で激励を頂いたことは今後もずっと忘れません。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就活は色んな会社を知れるいい機会です。会社の規模、華やかさ、知名度等に捉われがちですが、自分なりの答えを周囲の協力も得ながら見つけてください。そして失敗しても納得いくまでやり切ることが大切です。面接では何を伝えたいか事前に整理し、話に説得力を持たせること。社会に出た時に必要な能力でもあります。頑張ってください!

ある1日のスケジュール

08:00
出社、メールチェック、
09:00
外出
10:00
新規顧客であるベトナム系パイプメーカーの工場を訪問・打合せ(会社PR及び商品需要のヒアリング)
12:00
昼食
13:30
ドイツ系発電部品メーカーの工場にて設備の稼働状況の確認・今後の工事に関する打合せを実施
15:00
日系の自動車エンジン部品メーカーにて商品の使用状況や新規商材のPR
16:30
帰社。メールチェック、打合せで頂いた引合いに対しての見積書作成等。
18:00
退社。

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る