若手社員インタビュー

産業ガス 2015年入社 入社1年目エア・ウォーターの誇りを胸に日々奮闘中 中・四国エア・ウォーター(株) 山口営業所  加藤 夢人

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

現在はモノがあるということが当たり前の世界になっていますが、私は人々がより生活でモノがあることの豊かさを実感してもらうこと、生活の目に見えない部分からを貢献したいと考えていました。エア・ウォーターに決めた理由は産業ガスを中心に展開をし、日本のものづくりを支えていることや幅広い事業内容と技術力の高さに魅力を感じました。そして事業範囲が広いからこそ多くの人の生活を支えることができると思い入社を決めました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

私は山口県における産業ガスの営業を担当しています。山口営業所は防府市にあり、同じ敷地内にVSU防府工場、AW・ベルパール防府工場が構えおり、AWグループの製造拠点とも言えます。ガスを販売すると聞くとボンベに詰めたガスを販売するというイメージが強いですが、そのような販売形態だけでなく、顧客のニーズに合わせ、大量のガスを使用する顧客にはCEと呼ばれる液化ガス貯槽にて供給するガスの販売などを行っています。またガスだけでなく、ガス供給設備、溶接機などガス関連の様々な販売活動を行っています。

KEYWORD
「ベルパール」
ベルパールは、独自開発の世界唯一の機能性微粒子状フェノール樹脂で、一次粒子径は約2~20μmの微粒子状です。その耐熱性や環境安全性を生かし様々な用途に応用されており、例えば、PSA式窒素ガス発生装置は、独自の合成高分子材料ベルパールを原料とした高性能吸着材を活用しています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

お客様に満足して頂ける結果を出せたときにはやりがいを感じます。そのような結果を出すために、日々お客様の要望を聞き、スピード感ある提案をするように心がけています。しかし、まだまだ知らない事が多く、一つの仕事に対して時間をかけてしまうことも多々あります。そのような状況下で、やるべき仕事に優先順位を付けて効率よくこなし、一つでも多くの業務をこなして経験値を上げることによって素早い対応ができる営業マンになりたいです。

KEYWORD
「日本各地に広がるVSU」
高効率小型液化酸素・窒素製造装置「VSU」は、お客様が立地する地域の近隣に設置することで、「安定供給」「省エネ」「CO2排出量低減」を同時に実現した、エア・ウォーター独自の地域液化ガスプラントです。全国12拠点が稼働しており、設置エリアのさらなる拡大をめざしています。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

私は報告・連絡・相談が徹底できていないことで周りに迷惑をかけたことがあります。俗にいう「ほう・れん・そう」のミスです。ビジネス本にも基本として書かれていることですが、今は非常にそのミスの怖さを実感しています。何かあったときには、必ず報告しなければならないのですが、自分の中で、これは報告しなくても済むことかもしれないと判断し、後日上司から注意を受けたことがあります。まだ、社内での出来事だったので許されましたが、もしお客様とのやり取りで生じていたらトラブルにつながる可能性もあると思い反省しました。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は自分を見つめ直す機会になると思います。また、自分の知らない世界を見つけることができる場でもあります。企業同士の様々なつながりを知り、自身の視野を広げれば社会人になった時に必ず役に立ちます。悩みや苦労は絶えないと思いますが、満足の行く結果が得られるように頑張ってください。

ある1日のスケジュール

08:30
出社、メールチェック。
09:00
資料作成、訪問準備等。
10:00
VSU防府工場長、お客様とガス使用量打合せ。
11:00
お客様訪問のため外出。
12:00
昼食
13:00
A社訪問。液化ガスユーザーの為、ローリー手配など。
14:30
B社訪問。出張工事打合せ。現地事業会社にガス手配。
15:30
C社訪問。ガスの在庫チェック。仕事量に合わせてガス手配
16:30
帰社。見積書作成、備品発注など。
18:00
退社。

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る