若手社員インタビュー

産業ガス 2010年入社 多彩な事業をもつエア・ウォーターならではの総合力で勝負 九州エア・ウォーター(株) 長崎営業所  林谷 慎二

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

私は当時から化学系の営業をしたいと思っていました。知人からエア・ウォーターの事を教えてもらい、自身でエア・ウォーターの事を調べていくと日本の産業を支える産業ガスという分野に非常に魅力を感じました。また、エア・ウォーター持つ多種多彩な事業ひとつひとつがコアビジネスという、他の産業ガスメーカーにない可能性を感じ入社を決意しました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

私は長崎・佐賀地区において主に産業ガスの販売担当をしています。大手造船会社やその下請け企業などガスユーザー内でのシェアアップや当社の強みを生かしたガス以外の総合力での関係性の強化に努めます。また担当する地域でのガスの新規営業活動、グループ会社の強みを生かした商材の提案営業も行っており、市場開発のリーダー的役割を任され、グループ会社商品や機器・商材メーカーを呼んでの勉強会の開催などで支店全体のスキルアップの役割を担っています。

KEYWORD
「産業ガスとは」
産業ガスとは、家庭用エネルギーとして使われる都市ガスやLPガスを除いた、製造業で原料や中間材、製造プロセスの安全のために使われるガスの総称です。産業界のあらゆるシーンで使われているといっても過言ではありません。これら産業ガスを製造し、それぞれの使用現場に最適な用量、状態(圧力、温度)にして供給するのが、産業ガス事業会社の仕事です。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

多彩な事業展開を行うエア・ウォーターならではの提案力で様々な分野のお客様と出会い、日々課題を解決することにより、信頼関係を構築しています。産業ガスを安定供給する事は勿論の事、お客様の困った時に何でも解決できるパートナーとして、お客様の喜ぶ顔を見ることが自分の仕事のやりがいであり、プライドとなっています。お客様からドラえもんとまで呼ばれる事に至福の喜びとやりがいを感じています。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

私の最も印象に残っているエピソードは入社一年目に大失敗をしてしまったお客様が初めての新設タンクを建てて頂いたお客様になった事です。入社して間もなくガスの不具合の件でお客様と口論になり、お客様を怒らせてしまいました。そこから自身の思っている事を伝え、お客様の考えを熱心に知ろうとし、それから良好な関係を築いていきました。その結果、お客様から新工場建設の情報をいち早く頂き、他社と競合になったものの、自身の初となる新設タンク受注をすることができました。熱意を持って相手に接し、本音でぶつかり、相手の本心を理解する事が非常に重要な営業ツールである事に気付かされ、今では自分の営業スタイルとなっています。

KEYWORD
「産業ガスのお客様」
産業ガスは世の中の産業全般に広く使われており、その用途は多様です。鉄鋼、化学、ガラス、エレクトロニクス、造船、自動車、製紙、エネルギー、食品・飲料、航空・宇宙、農業、医療など、あらゆるシーンで使われています。ただ、ガス自体は無色透明のものがほとんどで、最終製品の中にガスの姿を見ることはありません。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は、人生の中で自分と向き合う大切な時間だと思います。様々な企業を知り、様々な情報を吸収する事が出来、自分を見つめなおす機会をチャンスと思いがんばって下さい。就職活動時だけでなく、今後の社会人生活に必ずプラスになるので前だけ向いて走って下さい。

ある1日のスケジュール

08:30
出社、ラジオ体操、社内朝礼による当日重要項目の相互確認
09:00
メールの確認、新聞・業界紙での情報収集
10:00
外出
10:30
お客様Aに訪問(工場稼動状況や客先動向の確認)
11:30
お客様Bに訪問(ガス関連消耗品の提案、ウォーターサーバーの提案)
12:15
昼食
13:00
新規訪問(当社独自ブランドガスでの溶接テスト)
15:00
帰社
15:30
仕入先と事務所にて打合せ(工事関連品他)
16:00
客先アポイント取得電話
16:30
技術グループと打合せ
17:00
退社。帰宅途中に、上司、後輩との懇親会

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る