若手社員インタビュー

新規事業 2014年入社 技術の横議横行で新しいビジネスの種を掘り起こす 総合開発研究所 研究開発部 新規事業開発グループ  安達 陽平

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

大学の専攻が化学系であったこともあり、就職活動中は主に化学メーカーを見て回っていました。私の場合、将来は幅広い事業に色々と携わりたいと考えていたので、その企業の事業範囲を特に重視しながら就職活動を行っており、その中で、エア・ウォーターに出会いました。正直な話、当初はエア・ウォーターという企業を知りませんでしたが、「ねずみの集団経営」に共感し惹かれたことが入社を決めた理由です。

現在はどんな仕事を担当していますか?

各カンパニーやグループ会社などから新規開発の依頼があった際、そのテーマの開発可否判断を行うための調査・試験を行います。開発を行うと判断した際は、関連部署等と「横議横行」を実践しながら開発に取り組んでいます。逆に、当グループ発信の新たなテーマの創出も図っており、各カンパニーやグループ会社へ開発提案を行います。もちろん、開発技術に対しては特許出願も行います。

KEYWORD
「横断的な技術融合」
エア・ウォーター最大の特長は、産業ガスにとどまらない幅広い技術領域です。グループが保有する基盤技術・先端技術を結集し、専門分野の壁を越えた横断的な技術融合を行っていくとともに、学術機関や協力研究機関との積極的な連携によって、他の追随を許さない新技術や独自のビジネスモデルの構築をめざしていきます。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

新規事業開発Gは文字通り、エア・ウォーターにとって新たな事業を創出していく部署です。そのため、常に新しいことへの挑戦となります。私はエア・ウォーターに入社前から様々な分野に携わり自らを成長させていくことが出来ればと考えており、まさしく今の業務はマッチしています。その中で新たなことへのチャレンジは困難な部分もありますが、そこにやりがいを感じています。

KEYWORD「横議横行」
エア・ウォーターは2度の大きな合併を経験し、さらに多くの企業をグループに迎えてきました。異なる文化や歴史を背景に、高い技術力や専門的な知識を持った組織・集団が「組織の枠を越えて横断的に議論し、行動する」ことで新しい価値を生むことができる。これこそが永続的な成長の原動となる指針です。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

自分発信の開発に携われていることです。当グループでは新規テーマを創出するために、グループ員がそれぞれ案を持ち寄り検討する機会があります。その中で私のテーマ案が採用され、現在この開発を行っています。現在進行系で進めている段階ですが、将来成功談として語れるように邁進中です。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は大変だと思います。ですが、自分を見つめなおす良いきっかけとなる機会です。今まで自分は何をしてきて何を学んできたのか、そしてこれから自分はどう成長していきたいかを今一度考えてみてください。その成長が出来る場所(企業)はきっとどこかにあるはずです。からだに気をつけ、無理せず自分のペースで就職活動をがんばってください。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、朝会(1日のスケジュールを上司に報告)
09:10
新規技術に対する検証試験
11:00
特許出願の申請書類作成
12:00
昼食(会議室にてみんなでお弁当)
13:00
新規開発テーマの提案資料作成
14:30
関連会社と今後の開発方針について打合せ
16:00
1週間の各テーマの進捗報告(部内打合せ)
17:40
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る