若手社員インタビュー

産業ガス 2009年入社 ガスを創る面白さがエア・ウォーターの技術開発の根幹 総合開発研究所 研究開発部 プロセス開発グループ  仁田 吉郎

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

就活当時、色々な業界のことを知っていくにつれ、自分が関わることのできる領域を広げていきたい、と考えるようになりました。そんななかでエア・ウォーターの存在を知り、産業ガスを起点に多種多様な領域で事業を行う業態に魅力を感じました。採用過程で直に接した先輩社員も新分野へのチャレンジ意欲が旺盛で、きちんとした根拠を持って日々活動していることに共感でき、入社を決意しました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

私が所属しているプロセス開発グループでは深冷分離、PSA、改質など、エア・ウォーターの根幹とも言えるガス分離技術の開発を行っています。従来の産業ガス向け商品開発はもちろんのこと、排ガスからの有価ガス回収プロセスを応用した、エネルギー・ケミカル分野での検討にも取り組んでいます。グループ会社と協力しながら、客先との交渉・試験・実機の設計・試運転に至るまで、技術に関わる一連の職務に関わっています。

KEYWORD
「研究開発理念」
ガスや素材をはじめとするエア・ウォーターの事業は、いずれも地球から預かった大切な資源に基づきます。そして、これらの地球資源をうまく活用する技術を通して、産業や暮らしに広く貢献していくことこそ、エア・ウォーターが果たすべき企業使命であると考えています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

社内・社外の方々と協力してできた開発成果が、装置という目に見える形で残るところに、メーカーの技術開発として大変なやりがいを感じます。自分で設計した新規装置は大抵グループ会社、他社の方々に製作してもらうのですが、その過程では頭を悩ませて、ああでもない、こうでもないと議論します。何ヶ月、長いものでは一年以上かけて一緒にやってきた装置が無事性能を発揮し、仲間と喜びを分かち合う瞬間は何ものにも勝る喜びを感じます。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

現在の部署に異動してまもなく、ガス精製設備の不純物除去装置の設計を任されました。社内で前例のない装置を短期間で設計しなければならなかったため、上司・先輩に親身に相談に乗ってもらったり、外部の第一人者に直接アポを取ってヒアリングを行うなどして、なんとか設計を行うことができました。結果、実機でも十分な性能を確認することができ、改めて周りの知恵をお借りすることの大事さを感じた経験でした。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は、これまで知らなかった沢山のことに触れるチャンスです。先入観を捨てて、色々な業界に飛び込んでみることをお勧めします。大変なこともあるかと思いますが、ぜひ楽しんで就活してみてください。楽しんでいる人はそれだけで魅力的ですから。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、メールチェック、試験内容の指示
09:30
新規プロセスの検討
11:00
プロセス検討内容について打合せ
12:00
昼食
13:00
機器メーカーと打合せ
14:00
試験結果の確認、データ解析、次の試験の指示
16:30
報告資料の作成
17:30
部署ミーティング
18:00
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る