若手社員インタビュー

産業ガス 2012年入社 分野をまたいで活躍できるシミュレーションですばやい課題解決に貢献。 総合開発研究所 研究開発部 第一技術開発グループ  江口 明日美

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

私が入社した理由は、自分に合っている会社だと思ったからです。仕事面では、様々な業務に携わりたいと思っていたので、多様な事業展開をしているエア・ウォーターにとても惹かれました。また、会社の雰囲気、特に懇親会で出会った社員の方々はとてもいい方ばかりで、この会社でなら充実した社会人生活が送れると感じ、入社することに決めました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

松本市にある総合開発研究所に所属し、主に、大気圧プラズマ処理装置(ガスをプラズマ化させて表面の改質処理を行う装置)の開発に携わっています。その中でも、私はパソコンでのシミュレーション技術を用いて、実際のガスの流れ方を可視化したり、化学的な反応や現象を数値化したりしています。実際の実験では手間がかかってしまうことや、目に見えないこと、わからないことを、スピーディに解明することができるので、新しい装置の設計や、既存の装置の改良、トラブルの解決などに貢献しています。

KEYWORD
「総合開発研究所」
長野県松本市・大阪府堺市・尼崎市の3箇所に位置する、エア・ウォーターの研究施設。その中核である松本研究所では、ガスアプリケーション技術(ガスを応用した技術)やエレクトロニクス・素材関連などを扱う基幹技術から新規技術までさまざまなテーマに取り組むとともに、グループ全体の技術統括や知的財産管理についてもカバーしています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

仕事上でのやりがいは、幅広い分野で活躍できることです。シミュレーション技術は、ガスの流れ方だけではなく、熱の移動や部材の変形、化学反応や電気的特性も模擬することが出来ます。一般的に、装置は複数の現象が合わさって出来ているため、実験では1つの要素を分解して確認することが出来ず、経験的に解決する場合が多くあります。しかし、シミュレーションを行うことによって、これまでわからなかったことを解明できるチャンスがあります。さらにこの技術は分野にとらわれることなく、様々な場面で応用することができます。これまでも部署内はもちろん、他部署やグループ会社との案件にも携わり、課題解決に導きました。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

配属されて1ヶ月経たない時期に、他部署の装置の性能が上がらないトラブルがあり、その解決のために解析を行って欲しいとの依頼がありました。当時、私はまだ解析ソフトについて勉強し始めたばかりの頃で、この案件が初めての依頼でした。ほとんど何も分からない状態でのスタートでしたが、解析手法を先輩に教えていただき、自身で必要なことを勉強していくことで、案件を通して学んでいきました。最終的には装置設計の提案を行い、無事にトラブルが解決したとの連絡をいただきました。配属されて関わった最初の仕事だったので、今でも印象に残っています。

KEYWORD
「創意工夫」
優れた技術をめざすことだけが研究開発者の仕事ではありません。時には、先輩社員の豊富な知見を借りながら、視点を変えてさまざまな創意工夫にチャレンジしてみることこそ、真に研究開発者がめざすべき姿です。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

自分に合う会社を選んで下さい。スキルや知識面では、会社に入ってからいくらでも勉強できるので問題ありません。これからの人生において会社で過ごす時間はとても長くなります。やりがいを持って快適に社会人生活を過ごすためには、会社の方針が自分のやりたいことや少しでも興味のあることも重要ですが、その上で社風や社員の雰囲気を自分自身の目でしっかりと確かめて、「この人たちとなら一緒に仕事していけるかな」と思った所を選んだほうがいいと思います。大変なのもすごくよくわかりますが、是非後悔のないように頑張ってください。

ある1日のスケジュール

09:00
始業、ラジオ体操、業務確認
09:30
シミュレーションファイルの作成
10:00
お客さまからいただいたサンプルの処理実験
12:00
会議室にてみんなで昼食(グループ会社のお弁当)
13:00
実験内容報告、今後の進め方を打ち合わせ
15:00
シミュレーションの結果まとめ
16:00
業務内容の報告用資料を作成
17:40
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る