若手社員インタビュー

エンジニアリング 2010年入社 技術を形にするダイナミックさがエンジニアリングの醍醐味 神鋼エア・ウォーター・クライオプラント(株)  大川 和也

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

私は一つの分野のエキスパートを目指すよりも様々な業務にチャレンジできる会社に入りたいと考えており、専攻である化学系の企業を中心に就職活動を行っていました。
エア・ウォーターは、産業ガス事業をコアに多角的に事業を展開している点、また、お会いした社員の皆さんの雰囲気が非常に良かった点が自分に合っていると感じ、入社を決めました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

私が所属する神鋼エア・ウォーター・クライオプラントは、空気から酸素、窒素、アルゴン等の産業ガスを製造する空気分離プラントの営業から設計、製作までを行うエンジニアリング会社です。その中で、私は主に技術営業を担当しています。
業務としては、お客様からの要求仕様に対し最適な技術提案を行う他、技術部門担当者と協力しながら、市場ニーズに合った新規技術開発にも取り組んでいます。

KEYWORD
「プラントエンジニアリング」
エア・ウォーターの産業ガス事業の強みは、こうしたガス製造装置や関連設備をすべて自社一貫で設計・製作できる「プラントエンジニアリング力」にあります。また、品質・安全管理を行う「保守・メンテナンス」も自社で行っています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

プラントという非常に大きな設備を取り扱うことができるダイナミックさが一番のやりがいです。自分が設計したプラントが無事に完工し、お客様への送ガスを始めたときの達成感は格別です。今は技術営業を担当していますが、鉄鋼や化学、エネルギー等、国内外問わず多種多様なお客様を担当させて頂いており、業務を通じて自らの知見を広げることができる点も、とてもやりがいを感じています。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

以前プロセス設計を担当していた際、ベトナムVSUA案件を担当させて頂いたことです。
海外案件ということもあって苦労の連続でしたが、試運転後の慰労会で、ベトナム人運転員の「ガスの安定供給を通じて、ベトナムが経済発展できる様に貢献したい」という言葉を聞き、微力ながら彼らに協力出来た喜びを感じることができた反面、自分の仕事が持つ責任の重さを感じました。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は様々な業種や企業、そしてそこで働いている人たちを知ることが出来る、最大のチャンスだと思います。これまでの常識や経験にとらわれず、可能な限り多くの企業の話を聞いて、自分の可能性を広げていってください。皆さんが納得の行く就職活動を送ることができるように祈っています。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、メールチェック
09:30
担当案件の進捗状況確認(顧客への問い合わせ等)
10:00
見積技術資料作成
12:00
昼食
13:00
作成した技術資料のレビュー打合せ
15:30
新規引き合いの対応方針打合せ
17:00
翌日の業務内容の確認他
18:00
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る