若手社員インタビュー

産業ガス 2009年入社 日本全国の産業ガス供給を支える、大型製造工場の中枢管理を担う エア・ウォーター(株)産業カンパニー オンサイト事業部 生産技術部  宮﨑 優

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

私が就職活動を行う上で大事にしていた会社を選ぶ基準は、モノをつくる仕事に関わりたいということ、そして、一つのモノに限らず、将来的には広くさまざまな仕事に携わりたいということでした。そのような話を大学の先輩と話していた際に、「産業ガス業界」と「エア・ウォーター」という会社の存在を知りました。
入社を決めた一番の理由としては、エア・ウォーターの事業内容の広さに大きな魅力を感じたことです。エア・ウォーターは、産業ガスを中心にケミカル、医療、エネルギー、農業・食品など非常に多岐に渡る事業を展開しており、この会社ならば、自分が考えていた「さまざまな仕事に携われる」可能性を感じ、入社を決めました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

エア・ウォーターでは大口ユーザーの工場敷地内に大型空気分離プラントを設置し、酸素や窒素などの産業ガスを供給するオンサイトビジネスを行っています。オンサイト事業部はこの統括部署として、プラントの安定・最適操業を目的に、各オンサイト工場のさまざまな業務を支援しています。
現在、私は主に各工場のガス製品の製造コストを検討する標準原価計算とコスト管理を行っています。また技術的な業務に関しましては、新たな設備投資を行う際に、各工場と連携して計画を立案し、建設等の補助や各工場でトラブルが発生した場合の応援対応の調整管理などを行っています。

KEYWORD
「オンサイト工場」
一部を除くオンサイト工場は、「お客様工場に直接ガスを送る機能」と、「外のお客様に販売するための液化ガスをつくる機能」の2つを有しています。産業ガス事業会社にとっては、まさしく中枢とも言うべき役割を果たしています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

私が所属する部署は各工場の統括的な存在であるため、仕事を行う上で、プラント技術に関する知識だけでなく、財務や経理に関する知識も有していなければなりません。
例えば、現在行っている標準原価計算業務では、工場の予算書の内容を理解した上で、工場がどのような設備や技術を用いて、ガスを製造しているかを考えて業務を行う必要があります。このように、技術的な業務と管理的な業務の両方に携われるところにやりがいや魅力があると感じています。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

最も印象に残っているのは、東日本大震災発生後に鹿島工場の応援に行ったことです。私が震災発生から3日後に現地に行ったところ、まだまだ余震も多く、お客様先の工場の設備にも大きな損害があり、蒸気などプラントを動かすのに必要なユーティリティーもないような状態でした。
このような中でも、現地の工場長を中心に、どのようにすればいち早くガスを供給できるかを工場スタッフ全員で考え、力を合わせて設備の早期復旧に全力を尽くして取り組んだことが強く記憶に残っています。社会を支える産業ガスサプライヤーとして、一分一秒でも早く工場稼働の復旧をめざす現場の熱気には、プロフェッショナルとしての責任とプライドが漂っており、本当の意味での「製造現場」を学んだ非常に印象的なエピソードでした。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は、自分を見つめ直す上で非常によい機会であると思います。将来どうなりたいかなど、普段は漠然としか考えていないと思いますが、就職活動を機に、しっかり自分を見つめ直し、働く上でこれだけは譲れないなという軸を見つけることができれば、自ずと就職活動もうまくいくのではないかと思います。
就職活動を行う時は、どうしてもネームバリューが高い有名企業に目が行きがちです。しかし、学生の皆さまにとって馴染みが少ない企業の方が、実は企業規模が大きかったり、あるいは世の中に絶対に欠かせない技術を有していたりすることがよくあります。ですので、広い視点をもっていただき、さまざまな企業の話を聞きにいくことをぜひオススメしたいと思います。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、鉄鋼業界紙や高圧ガス専門誌を読み情報収集
09:30
前日の各工場の操業情報を整理し、今月の販売状況を予測
10:30
各工場の生産状況を資料にまとめ、月間の稼働予測を分析
12:00
昼食
12:30
外出
13:30
近隣工場で新規設備投資に関する部門会議
15:30
帰社
16:30
工場運転稼働の省エネ改善に関する部署ミーティング
17:40
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る