若手社員インタビュー

広報 2015年入社 エア・ウォーターって何の会社?からはじまるファンづくり エア・ウォーター(株) 広報・IR室  菅野 詩絵

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

製造業を支える産業ガス事業を展開している点、また、幅広い事業を行っている点に魅力を感じたからです。私は、学生時の短期留学での経験をきっかけに、就職後はものづくりに関わりを持ちたいと考えていました。そのため就職活動中はメーカーを中心に見ていましたが、なかでもエア・ウォーターは産業ガスの供給を通じてあらゆる製造業を支える、なくてはならない存在であることを知り、これが大きな決め手となりました。また、産業ガス以外にも様々な事業を展開していたため、入社後の活躍の機会が広がりそうだと感じ、入社を決めました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

主に企業広告やマスコミなどからの取材対応の仕事を担当しています。
広告に関する業務では、まず各媒体の営業の方や広告代理店の方とお会いし、当社の知名度を高めることを念頭においた企画の打ち合わせを行います。そのうえで、どのような広告を掲載することが会社の目指す方向と合致し、より効果が出るかを既存の広告デザインから選定します。
また、時には新たな広告デザインやメッセージを専門家とともに制作します。
取材対応に関する業務では、マスコミ各社からの取材申込みの内容に合わせてインタビューを受ける事業責任者を決め、取材をコーディネートし、取材の当日は同席します。取材中は、インタビューの中で話されている内容を聞き漏らさぬよう集中してメモを取ります。一番大切なことは、質問と回答を漏らさず記入することです。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

広告や取材記事が掲載され世の中に出ているのを見た時とき、特にやりがいを感じます。自分が携わった広告や取材記事であっても、その媒体が完成するまで、エア・ウォーターの広告や取材記事が媒体とどのようにマッチするかということや、出来上がった後の姿を想像するのが難しいこともあります。だからこそ、当社の広告や取材記事が掲載され形となったものを手にした時の喜びはひとしおです。世の中に発信されるエア・ウォーターの広告や取材の記事は多くの方が目にしますし、当社のイメージを左右する責任の大きい仕事です。

KEYWORD

「広告出稿」
社会や暮らしに欠かすことのできない企業へと成長したエア・ウォーターをより親しみを持って知っていただきたい。産業ガスから始まった当社の事業は医療、エネルギー、農業へと領域を広がりました。柔軟さや多様性を企業イメージとして、これからも様々な媒体でお伝えしていきます。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

協賛しているマラソン大会で当社のPRブースを出したことです。PRブースでは、グループ会社の春雪さぶーるのソーセージとゴールドパックのジュースを合計数千本配布したり、会社紹介のチラシを作成し配布したりするなど、エア・ウォーターグループの知名度向上やイメージアップへ繋げる活動を行いました。ブースの企画、準備、運営など全てを行いましたが、数ヶ月に及ぶ長期間の準備を伴う仕事は初めてでしたし、配布する製品の量が膨大だったことなどから、果たして企画を実現できるのだろうか、成功させられるだろうかなど心配事も多々ありました。当日は他部署の社員の協力などのおかげで無事に終えられ、初めての長期にわたる仕事を遂行できたという大きな達成感がありました。

KEYWORD
「協賛マラソン」
2009年から宝塚ハーフマラソン大会へのゼッケンスポンサー協賛を実施。当社のロゴマークを胸に掲げたランナーが宝塚の街を駆け抜けました。若手社員を中心としたボランティアもグループ税品を配布するなど大会を盛り上げ、イベント協賛を通じて地域への浸透を図ります。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

現在は様々なところから情報を得られますが、就職活動においてもホームページ等の情報だけではなく、自分の足でも情報を集め深く掘り下げることを大切にしてほしいと思います。社会人になってからは特に、まず自分で情報を集め掘り下げる、その後に策を考え行動に移る、というステップの多さや大切さを日々実感しています。また、健康第一ですので、体調管理に気を付けながら就職活動を頑張ってください。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、メールのチェック、新聞スクラップ作成
09:30
広告や取材の案件、今後のスケジュールを確認し上司に報告
10:00
新しい広告についての考案
11:00
媒体の営業の方や広告代理店の方との打ち合わせ
12:00
昼食
13:00
会社に送られてくるアンケートの対応
14:00
請求書や部署の予算などのチェック
15:00
取材への同席
16:00
取材記事や広告の内容を他部署の方と確認、打ち合わせ
18:00
退社。同期や先輩と食事

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る