若手社員インタビュー

事業・経営企画 2014年入社 最重要企業戦略のうちのひとつM&A(企業合併)でシナジーを追求 エア・ウォーター(株) 経営企画部  坂東 夏樹

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

全天候型経営、ネズミの集団経営等の特徴的な経営モデルを実践し、継続的な成長を達成していたことが、興味を持ったきっかけです。選考では、社員との懇親会があり、社員の方の雰囲気が分かるとともに、人物重視の採用を行っている印象を受け好感をもちました。そして内々定後に面談を希望した際には快く対応してくださいました。その面談を通して、エア・ウォーターについての理解をより深めることができ、入社を決意しました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

主に、M&Aに関する業務を中心に行っています。契約書の作成や企業価値の試算等、これまで馴染みのなかった業務ばかりですが、日々勉強しながら取り組んでいます。大学時代は、マーケティングを専攻していた為、その知識を活かせるように工夫して、対象会社の比較等も行っています。また、各カンパニーと協力しながら、M&Aを通して当社のグループ会社となった企業の業務支援等も行っています。

KEYWORD「M&A(企業合併)」
M&Aは、会社が大きく成長するための重要な企業戦略の一つです。M&Aには、スケールメリットの創出だけでなく、新しいグループ会社が持つ事業や技術がシナジー(既存事業との相乗効果)をもたらすという効果があります。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

企業価値の試算や事前調査等で関わったM&A案件の対象会社を訪問した際に実感します。その都度、当社だけでなく他社の経営にまで影響を与えるM&Aのインパクトの大きさを再認識します。シナリオ通りに進む案件はほぼ皆無に等しく、案件ごとに対処を変えていく必要があります。数十億〜数千億円単位で資金が動く大変重要な戦略である為、やりがいと共に責任を感じています。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

3ヶ月の地域事業会社研修を九州で行ったことです。現在は本社管理部門ですが、実習中はガスボンベを客先に配送したり、鉄工所への営業に同行させて頂いたりと、大変貴重な経験となりました。九州での研修が決まった時は、馴染みのない土地であった為、不安でした。しかし、九州エア・ウォーターの方々は温かく迎え入れてくれ、社会人の基礎についてご教示頂いたり、お食事に誘って頂けたりしました。今でも、大阪本社でお会いする機会があると、声をかけてくださるので嬉しく思います。社会人としてのスタートを九州で切ることができて、良かったと感じています。

KEYWORD「地域事業会社」
新入社員は、グループ合同の全体研修の後、全国各地のエア・ウォーターの営業拠点「地域事業会社」にて少人数での研修を行います。ガスプラントの運転から輸送、営業まで、現場をじっくり学びます。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

就職活動は、業界の枠を超えて様々な会社を訪問できる良い機会です。何か興味を持ったら、是非自分の足で訪ねてみてください。人から聞いたことや各社のホームページを見るだけではわからない情報を肌身で感じることができます。同じモノを見ても人によって感じ方が違うように、一次情報こそが自分だけの財産となり、他人との差別化を図る要因となります。皆様が納得できる形で就職活動を終えることができるように願っております。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、メールをチェック
09:30
新規M&A案件の調査、説明資料の作成
11:00
作成資料を基に、上司とミーティング
12:00
先輩社員と心斎橋で昼食
13:00
依頼されていたグループ会社の契約書を作成
15:00
契約書の内容について、上司とミーティング
15:30
社外との交渉に向けた各カンパニーとの調整(方向性の確認等)
16:30
議事録の作成
17:40
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る