若手社員インタビュー

経理・財務 2010年入社 変化する状況に妥協なく改善を続ける エア・ウォーター(株) 経理部 東日本シェアードサービスグループ  井坂 千晴

ずばりエア・ウォーターに入社を決めた理由は?

多様な分野の業界に関わる事が出来る仕事がしたいと思い、就職活動時は特に業種を絞らずに様々な会社を見て回っていたところ、産業や医療、エネルギーなど多角的に展開しているエア・ウォーターと出会いました。説明会や選考を重ねるうち、新規事業にも積極的に進出しながら成長している事を知り将来性を感じたため、入社を決めました。

現在はどんな仕事を担当していますか?

主に関東地区に拠点がある開発事業部門やグループ会社の経理業務を受託しており、日々計上される伝票の精査や固定資産の管理、会計処理に関する問い合わせ対応、決算資料作成などを担当しています。経理というと業務はほとんどデスクワークというイメージがありますが、グループ会社の決算資料の作成を現地で手伝ったり、固定資産の確認のため工場へ行ったりと、アクティブに動き回りながら仕事をしています。

KEYWORD「グループ会社」
「グループ会社の多様さ」はエア・ウォーターの大きな特長です。戦略的なM&Aで成長拡大するエア・ウォーターにとって、新しい連結グループ会社の誕生にあたっては、経理システムの内部統制が非常に重要な業務となります。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

エア・ウォーターは常に変化し続けている会社であり、新規事業の立ち上げなどが頻繁に起こるため、業務手法の改善や効率化が常に求められています。
その中で、新規事業や新会社の設立に関わり、新しいシステムの導入などを行って実際に稼動し始めた時にはやりがいを感じますし、既存の手法を追うだけでなく常に改善・効率化を考えていく必要があるため、それがモチベーションの維持にも繋がっています。

印象に残っているエピソード(成功談・失敗談など)はありますか?

担当している部署の、在庫管理システムの新規導入に関わった経験が印象に残っています。実務担当者の方々と話し合い、また他部署の方からもアドバイスを頂きながら一つ一つ運用手法を決めていきました。システムが実際に動き始めた時には達成感を得られましたし、同時に関係者と協力して連携を取りながら物事を進める事の重要さを改めて感じる事が出来ました。

最後に、学生の皆さまにメッセージをお願いします

興味のある会社を訪問して、社員の話を直接聞ける機会は就職活動だけです。入りたい業界ややりたい仕事が決まっていたとしても、それにとらわれずに様々な業種の会社を見てみる事をお勧めします。苦労することも多いかと思いますが、視野を広げて多くの会社や仕事に触れるうちにきっと自分に合う会社が見つかると思いますので、頑張ってください。

ある1日のスケジュール

09:00
出社、メールをチェック
09:30
各事業部・営業所からの問合せ対応
10:30
月次業務(伝票のチェック、固定資産の計上など)
12:00
若手社員と神谷町のオフィス近くで昼食
13:00
決算に向け分析資料の作成
15:30
部署ミーティング
17:40
退社

「若手社員インタビュー」一覧へ戻る