人事部長メッセージ

この度は、当社のWebサイトにアクセスいただき、誠にありがとうございます。皆さまが人生の岐路に立つ今、数多くの会社の中から当社に関心をお持ちいただき、本当にうれしく思っています。以下では、「エア・ウォーター」の企業理念に基づく考えを簡単にご紹介します。私達「エア・ウォーター」の企業マインドと求める人物像を理解する一助になれば幸いです。 エア・ウォーター株式会社 執行役員 人事部長 光村公介

「空気と水への想い」を企業使命に

空気と水が21世紀の人類にとって根源的な問題になっていくと言われている中にあって、エア・ウォーターは、「空気と水」を社名にいただき、大切な地球資源を頼りに、ガスや素材を中心とした事業を営んでいます。「循環型社会」が提言される今日、エア・ウォーターは「地球資源循環カンパニー」を掲げ、自然から貴重な資源を預かり、クリーンにして再び自然に戻す企業であり続けたいと考えています。

「社会や暮らしへの貢献」を追求

現在、エア・ウォーターでは長期的視点の成長戦略「NEXT-2020」を策定し、「2020年度に売上高1兆円企業になる」という目標を掲げています。産業ガス、ケミカルを中心としたグローバルな事業の拡大に加えて、医療、エネルギー、農業・食品、海水、物流、エアゾール、福祉介護など、より人々の生活に密着した事業を拡充しており、まさに「売上高1兆円企業」になっていくその途上にあります。
エア・ウォーターは、創業80年来、産業ガス・医療用ガスという世の中になくてはらない事業を通して、社会や暮らしに貢献してきました。そして今日、多角的に事業展開する強みを生かして、それぞれの事業が持つ創造性を発揮し活動領域をさらに拡げ、これまで以上に社会や人々の暮らしに根ざした会社づくりを目指していきたいと考えています。このようなビジョンの実現に向け、エア・ウォーターの使命や事業、将来の目指す姿に共感いただいた方々と仲間として歩みを共にできることを切に願っています。

これからエア・ウォーターに入社される方々に期待すること

ビジネスにおいては、楽しさや面白さだけでなく、時には変革の厳しさや未知の領域に踏み出していく難しさも伴うことと思います。しかしながら、そういったあらゆる変化や難解な課題を自己成長のチャンスと捉え、果敢に粘り強くチャレンジしていただきたいと考えています。成長とは「(これまでの経験では)出来なかったことが、出来るようになること」だとすれば、実践を通じてそのような達成感を得ることができるフィールドがエア・ウォーターには無限に広がっています。
またエア・ウォーターでは、自ら考えて自ら変化を生み出し、将来的に各部門で中核となることのできる人材を育成しようと考えています。目指すのは「誰にも負けないくらいの専門性」と「変革を実行に移すことのできる行動力」を兼ね備えたプロフェッショナルな人材を育てることです。教育・人事制度においては、このような真のプロフェッショナルを育成するため、社員一人ひとりの能力をより活かすことが出来るフィールドづくり、そしてより高いレベルへのチャレンジを促進する環境づくりを創出していきます。

最後になりましたが、就職活動はさまざまな企業・業界を廻り、色々な人々の話を聞くことのできる素晴らしい機会です。また、自らの人生を自らの力で踏み出すため、初めて人生のジャンプ台に立つ重要な場面でもあります。きっと苦しいこともあるでしょうが、自分自身を成長させる貴重な経験になることと思いますので、全力を注いで乗り越えていただきたいと思います。私たちも皆さまとお会い出来るこの機会を大切にしていきたいと考えています。皆さまの就職活動が実り多いものになることを心より祈っております。